イギリス 大英博物館、葛飾北斎のNFT200種類販売へ

葛飾北斎の作品がNFTに

大英博物館(British Museum)が、江戸時代の浮世絵師である葛飾北斎の作品のデジタル画像をNFT化し販売することが分かった。

なおこのNFTはオリジナル作品との紐づけ等はせず、あくまでも「デジタルポストカード」として販売される。著作権保護期間切れとなりフリー素材となっている作品を、同博物館にて販売する北斎の作品を使ったポストカードなどのグッズと同じように、NFTとして販売することで収益を得る狙いのようだ。

今回販売される北斎のNFTは約200種類あるという。そのうちの約100種類には「富嶽三十六景」の「神奈川沖浪裏」や「凱風快晴」、「駿州江尻」なども含まれるとのこと。

また今回のNFT販売は、9月30日より大英博物館にて開催される北斎の展覧会「Hokusai, The Great Picture Book of Everything」と同時に行われるもので、そこでは同博物館が保有する最近再発見された北斎の未発刊作品「万物絵本大全図」という図鑑の挿絵として描かれた版画の下絵103点が初公開となる。

この下絵についても今回販売される「デジタルポストカード」の対象となるとのことだ。

なおNFTの販売には、フランスのブロックチェーン関連企業が9月30日より運営を開始するNFTマーケットプレイス「LaCollection(ラ・コレクション)」が採用されている。

参考:LaCollection
デザイン:一本寿和
images:iStocks/coward_lion・artacet

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ