アーセナル、チリーズのSocios. comでファントークン発行へ

アーセナル、ファントークン発行へ チリーズSocios. comで

ブロックチェーン企業チリーズ(Chiliz)がイングランドプレミアリーグ所属のアーセナルFCと提携し、チリーズ運営のファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」にて同クラブのファントークンを発行することを7月19日発表した。

チリーズ(Chiliz)が運営する「Socios.com」ではブロックチェーン技術を活用し、プロスポーツチームがファントークンの発行と販売ができる。それによりスポーツチームは資金調達でき、またファンはファントークンを購入することでチームが行う投票企画に参加できる権利や、グッズなどを入手できる権利などを取得できる仕組みとなっている。

アーセナルFCのファントークン「$AFC」は近日中に販売開始するとのこと。アーセナルファンは「Socios.com」から「MyArsenalRewards」に参加することで、期間限定にて「$AFC」を無料にて受け取れるとのことだ。

「Socios.com」ではパリ・サンジェルマン($PSG)、ユベントス($JUV)、アトレティコ・マドリード($ATM)、ASローマ($ASR)、ガラタサライ($GAL)、ACミラン($ACM)など多くのクラブチームのファントークンが発行されており、バルセロナのファントークン「$BAR」は大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)でも取り扱われている。

関連ニュース

マンチェスター・シティがChilizと提携し、ファントークン発行へ

FCバルセロナがブロックチェーン企業Chiliz(チリーズ)とパートナーシップ提携 

バイナンス、FCバルセロナのファントークン取り扱い発表

参考:Socios.com 
デザイン:一本寿和
images:iStocks/msan10・Sterling750

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない