FCバルセロナがブロックチェーン企業Chiliz(チリーズ)とパートナーシップ提携

FCバルセロナがブロックチェーン企業Chiliz(チリーズ)とパートナーシップ提携

FCバルセロナはブロックチェーン企業Chiliz(チリーズ)とパートナーシップを締結したことが明らかになった

CHiliz(チリーズ)はスポーツやエンターテイメント領域に特化したファンのエンゲージメントプラットフォームをブロックチェーンで開発している企業。

世界中のバルサファンは、アプリ「Socios.com」を通して限定商品やユニークな一生に一度の経験と交換できるバルサファントークン($BAR)を獲得することがきる。そして $ BAR所有者は、チャット、トークン取引、ゲーム、コミュニティ内チャレンジなど、Socios.comの他の機能にも参加することができる。

FCバルセロナの理事であり商業地域の責任者であるJosep Pont(ジョセプ・ポント)氏は「新しいグローバルパートナーとしてChilizをバルサファミリーに迎えることを誇りに思います。このパートナーシップにより、革新的なマーケティングとパートナーシップの活性化を設定し、デジタル時代に明確に焦点を当てて、 FCバルセロナの目標の一部を形成してくれるでしょう。そして、バルセロナは新たなビジネスストラテジーとデジタルストラテジーを統合するのに役立つ大手ブランドとの関係を構築し、スポーツ領域における新たなデジタルスキームの開発により、フィールド内とフィールド外の両方でベンチマークを作成していきます」とコメント 。

Socios.com&ChilizのCEO&創設者、Alexandre Drefyus(アレクサンドル・ドリフィス)氏は「FCバルセロナをSocios.comに迎えることができて非常に興奮しています。世界中の3億人以上のファンがいるバルサのファンは、国だけでなく文化にも広がっています。 Socios.comのグローバルコミュニティにFCバルセロナのファンを追加することで、ブロックチェーンのマスアダプションという私たちの目標に一歩近づくことができます。さらにユースケースを磨き上げていきたいと考えています」とコメント。

編集部のコメント

バルサファントークンは2020年第2期から利用可能になると、リリースに記載されています。現在Socios.comに掲載されているのは、サッカーチームはウェスト・ハム、FCローマ、ユベントス、パリ・サンジェルマン、アトレティコ・マドリード、ガラタサライとなっています。

ちなみに日本では、GMOコイン株式会社とJ2リーグFC琉球が、ブロックチェーン技術を活用したFC琉球の新ファンクラブサービス「仮名:FC琉球コイン(FCR)」開発プロジェクトを進めています。このようにファンという非常にわかりやすい領域でトークンが実活用するのは、良い例だと思います。

ただ実際にどれだけファンが利用するのかはまだ明らかではないので、今後ほかのサッカーチーム含めてスポーツやエンタメ領域の企業の参考になれるよう報道していきたいと、あたらしい経済編集部は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:burakowski)

 

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/4話題】米国規制委員会トップが暗号資産規制強化の方針、ALISがミンカブ子会社になど(音声ニュース)

米国規制委員会トップ、暗号資産やステーブルコイン規制強化の方針、岸田首相「web3サービス利用拡大」言及、臨時国会の所信表明演説で、【取材】Synamon、NFT対応のメタバースプラットフォーム「SYNMN」オープンβ版提供、web3ブログサービス「ALIS」、ミンカブの完全子会社に、PwC香港、メタバース関連企業TerraZeroと連携、キャシーウッドのARK Invest、暗号資産SMA運営Eaglebrookと協業、米SECがキム・カーダシアン提訴、暗号資産の違法宣伝で、バイナンス、カザフスタンと暗号資産市場の発展支援で覚書締結、FTXグローバル、独自のドルインデックス「FTXDXY」を無期限先物で提供開始、ポリゴン、シンガポールVC「Blockchain Founders Fund」のファンドIIへ出資

Sponsored

キャシーウッドのARK Invest、暗号資産SMA運営Eaglebrookと協業

著名投資家のキャッシー・ウッド(Cathy Wood)氏率いるアークインベストメント・マネジメント(ARK Investment Management)が、暗号資産の個別運用口座(Separately Managed Account:SMA)プラットフォームの大手であるイーグルブルーク・アドバイザーズ(Eaglebrook Advisors)と協業することを10月3日に発表した。SMAとは金融機関が投資家から投資判断に関する一任を受けた上で、投資家の口座において、ポートフォリオの設計から運用に関するアドバイスや売買・管理、アフターフォローまでを一括して提供するサービスのことだ。