次世代NEM「Symbol」がローンチ延期へ

次世代NEM「Symbol」がローンチ延期へ

NEM Foundationが、次世代NEMである「Symbol(NEM v.2)」のローンチ目標を延期することを2月12日プレスリリースにて発表

ローンチの目標は、2020年第2四半期(4月~6月)となるようだ。

今回の延期は、テストネットでの検証において複数のバグが発見されたためとのこと。

NEM Foundationのコア開発者のTwitterによると、テストが終了するまでは予定されたローンチ目標日はあくまで推測であり、予定日を優先して不完全なものをリリースするつもりはない旨を発信している。

編集部のコメント

1月に仮想通貨NEMにおける大型アップデート「Catapult」により、NEMから変更される新ブランド名が「Symbol」に決定しました。同決定は、新ブランド名変更可否に関する投票が行われ、賛成多数の91.05%で可決がされています。その後ティッカーシンボルについても「XYM」に決定されています。またSymbolは、中東カタールで2022年に開催を予定する「FIFAワールドカップ」に関連した現地ホテル建設のプロジェクトを管理するプラットフォームで実利用されることが今月2月に報道がされています。


コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ディーカレットらがプログラマブルマネーを共同検証へ、BitGoがSTプラットフォーム開発のHarbor買収、DefiレンディングサービスbZxで再度価格操作ハックなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ディーカレット、KDDIらがブロックチェーン上に発行するデジタル通貨に関する共同検証を実施、BitGoがSTプラットフォーム開発のHarborを買収、DefiレンディングサービスbZxで再度、価格操作ハック、NECとシスコが安全保障領域や重要産業インフラ向けにブロックチェーンを活用しサプライチェーン管理を強化したネットワーク機器を提供

NECとシスコが安全保障領域や重要産業インフラ向けにブロックチェーンを活用しサプライチェーン管理を強化したネットワーク機器を提供

日本電気株式会社(NEC)とシスコシステムズ合同会社が、安全保障領域や重要産業インフラ向けに、ブロックチェーン技術を活用し、サプライチェーン管理を強化したネットワーク機器を2020年度より順次提供することを2月17日プレスリリースにて発表

バイナンスがバイナンスクラウドを公開、UEFAがブロックチェーンアプリで「EURO 2020」のチケット発売、トロンがSteemitと提携などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

バイナンスが取引所開設サポートサービス「バイナンスクラウド」を公開、UEFAがブロックチェーンベースのモバイルアプリで「EURO 2020」のチケット発売を発表、トロンがSteemitと戦略的パートナシップ締結、Defiサービス「bZx」で起こった価格操作取引の分析