WhatsAppの米国一部ユーザー、「Novi」でドルステーブルコイン送金可能に

WhatsAppの米国一部ユーザー、「Novi」でドルステーブルコイン送金可能に

メタ(旧フェイスブック)のメッセージングアプリ「WhatsApp」でデジタルウォレット「Novi」を使い、送金・受け取りができるようになったことが12月9日に分かった。

Novi公式サイト 

米国の一部ユーザーが手数料なしに利用できるようになった。具体的な機能名は「Novi on WhatsApp」。

「Novi」で送金・受け取りされるのは米パクソス(Paxos)の米ドルステーブルコインの「USDP」だ。

ちなみに「Novi」が「USDP」を選択した理由は、USDPの準備金が米ドルに完全に裏付けられており、100%現金および現金同等物で保有されているからと10月のパイロット版ローンチ時に説明していた。カストディはコインベース(Coinbase)が務めている。

Novi公式サイト

なおNoviのサイトでは、セキュリティー面に関して「Noviはお客様の重要な財務情報や写真付き身分証明書などのお客様がアップロードする書類を暗号化します。Noviを使用しても、WhatsAppの個人メッセージや通話のプライバシーは変わりません。これらは常にエンドツーエンドで暗号化されます」と説明している。

また10月のパイロット版ローンチ時には、今後「Novi」が規制当局の承認を受けることができれば、「Diem」の決済ネットワークに移行する予定とも説明されていた。

ただ12月初旬にメタのデジタル通貨事業責任者デビッド・マーカス(David Marcus)氏が辞任することを発表している。

参考:Twitter

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored