FTX、F1チーム「メルセデスAMG」と長期スポンサー契約

FTX、F1チーム「メルセデスAMG」と長期スポンサー契約

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所運営のFTXが、F1(フォーミュラワン)チーム「メルセデスAMG・ペトロナス」とパートナシップ契約締結を9月23日発表した。

このパートナシップは長期的なものであり、複数のシーズンでFTXのロゴが車両やドライバー、ガレージ、コースサイドの施設などに掲出されるとのこと。なお具体的なパートナシップ期間については明かされていない。

これらのFTXのブランディングについては、9月26日に開催されるロシアGPにてお披露目となるようだ。 またFTXとメルセデスAMGは、FTX PayやNFTコレクションなどの取り組み、企業の社会的責任に関する取り組みなど、共同で行っていく予定とのことだ。

FTXはウォール街のクオンツトレーダーだったサム・バンクマン・フリード氏が立ち上げた暗号資産デリバティブ取引所だ。現在利用者は世界で100万人を超えると言われ、デリバティブの取引高では現在バイナンス、OKEx、Huobi Globalについで4位の規模を誇る(コインマーケットキャップ調べ)。

最近ではNBAや多くのプロスポーツチームのトークンを発行するチリーズなどとの提携や、独自のNFTマーケットプレイスの開発なども発表されている。

なお暗号資産取引所としてF1チームと提携するのは、FTXの今回の取り組みが初の事例となる。またF1と暗号資産企業との提携としては、今年6月にクリプトドットコム(Crypto.com)が、F1の「スプリント」シリーズの初代パートナー及びグローバルパートナー、NFTパートナーとなったことが発表されていた。

関連ニュース

暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加

FTXがチリーズと提携、インテルとガラタサライのファントークン上場

NBA選手ステフィン・カリーがFTXへ出資、グローバルアンバサダーへ

FTXがNFTミント機能提供、CEOの「Test」NFTが約3,000万円で落札

参考:Mercedes-AMG
デザイン:一本寿和
images:iStocks/jamesteohart

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【10/27の話題】アドビPhotoshopでNFTの真正性示す情報付与が可能に、テスラがBTC決済の再開の意向など(音声ニュース)

アドビ「Photoshop」でNFTの真正性示す情報付与が可能に、OpenSeaらNFTマーケットプレイスと提携、テスラ、ビットコイン決済の再開の意向を示す、【取材】電通国際情報サービスとKyuzan、NFTマーケットプレイス構築やメタバース活用に向け共同研究開始、【取材】暗号屋、NFT所有者だけがコンテンツを楽しめるメディアプロトコル「VWBL / ビュアブル」発表、米コインリストが約114億円調達、アジア利用者数も1年間で62倍に増加、セリエA「ナポリ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、グラファイトのサプライチェーンをブロックチェーンで、サーキュラーとアービックス

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース