FTX、F1チーム「メルセデスAMG」と長期スポンサー契約

FTX、F1チーム「メルセデスAMG」と長期スポンサー契約

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所運営のFTXが、F1(フォーミュラワン)チーム「メルセデスAMG・ペトロナス」とパートナシップ契約締結を9月23日発表した。

このパートナシップは長期的なものであり、複数のシーズンでFTXのロゴが車両やドライバー、ガレージ、コースサイドの施設などに掲出されるとのこと。なお具体的なパートナシップ期間については明かされていない。

これらのFTXのブランディングについては、9月26日に開催されるロシアGPにてお披露目となるようだ。 またFTXとメルセデスAMGは、FTX PayやNFTコレクションなどの取り組み、企業の社会的責任に関する取り組みなど、共同で行っていく予定とのことだ。

FTXはウォール街のクオンツトレーダーだったサム・バンクマン・フリード氏が立ち上げた暗号資産デリバティブ取引所だ。現在利用者は世界で100万人を超えると言われ、デリバティブの取引高では現在バイナンス、OKEx、Huobi Globalについで4位の規模を誇る(コインマーケットキャップ調べ)。

最近ではNBAや多くのプロスポーツチームのトークンを発行するチリーズなどとの提携や、独自のNFTマーケットプレイスの開発なども発表されている。

なお暗号資産取引所としてF1チームと提携するのは、FTXの今回の取り組みが初の事例となる。またF1と暗号資産企業との提携としては、今年6月にクリプトドットコム(Crypto.com)が、F1の「スプリント」シリーズの初代パートナー及びグローバルパートナー、NFTパートナーとなったことが発表されていた。

関連ニュース

暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加

FTXがチリーズと提携、インテルとガラタサライのファントークン上場

NBA選手ステフィン・カリーがFTXへ出資、グローバルアンバサダーへ

FTXがNFTミント機能提供、CEOの「Test」NFTが約3,000万円で落札

参考:Mercedes-AMG
デザイン:一本寿和
images:iStocks/jamesteohart

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した