FTXがNFTミント機能提供、CEOの「Test」NFTが約3,000万円で落札

FTXがNFTミント機能提供

暗号資産取引所FTXがNFTの取引所内でのミント(鋳造)機能を追加したことが9月6日に分かった。なお利用対象は米国居住者だ。

FTX CEOのサム・バンクマンフリード氏のツイートによれば、ミントされたNFTはイーサリアムとソラナのクロスチェーン対応になるとのこと。 また今後数週間でNFTの入出庫が可能となるようだ。

なおこれに際してCEOのサム氏が「Test」の文字を手書きしたNFT「Testing Testing 123 #1」がオークション形式で販売され、9月7日の15時14分に、約3,000万円(270,000ドル)で落札された。

FTXは8月にエンタメブランド向けNFTマーケットプレイスを開発することを発表していた。そのマーケットプレイスはFTXがドルフィンエンターテインメントと協業で開発する予定で、スポーツ、映画、テレビ、音楽、ゲーム、eスポーツ、料理、ライフスタイル、チャリティの業界のブランドが対象とされていた。

参考:ツイート
イメージ:dalebor・PerlaStudio
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催