バイナンス、暗号資産自動積立サービス開始

バイナンス、暗号資産自動積立サービス開始

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、暗号資産の定期購入サービス「Binance Recurring Buy」を9月6日に提供開始した。

このサービスは、ユーザーが設定した時間間隔で一定量の暗号資産を購入できる機能、いわゆる自動積立ができる機能だ。

暗号資産の定期購入は、毎日、毎週、隔週、毎月の自動化設定が可能で、日にちの他購入の時間も選択できるようになっている。同サービスの利用にはVISAかMasterCardのクレジットもしくはデビットカードがサポートされている。

なお「Binance Recurring Buy」は現在バイナンスのWebサイトとアプリ(iOS・Android)の最新版にて利用可能となっている。

このような定期的に一定金額を継続して投資する方法は、ドルコスト平均法とも呼ばれている。ドルコスト平均法では商品の価格が低いときに購入量が多くなり、価格が高いときに購入量が少なくなるという特徴があるため、長期的な価格変動リスクを低減させられる。また自動的に積み立てられていくため、感情に左右されない投資を行えるとされている。

ただしドルコスト平均法は初期投資が少なくても始められるが、その分、リターンが大きくなるまでに時間がかかる。したがって短期的な投資には向いていない。暗号資産のような価格変動の大きい金融商品を対象にする場合は元本割れのリスクが常に存在する。

なお金融庁は2018年と今年、バイナンスに対して無許可で日本において暗号資産交換業を行う者として警告書の発出を行なっている。日本国居住者はその点には留意が必要だ。

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和

images:iStocks/-Who_I_am

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored