FTX新部門「FTXベンチャーズ」、約2,300億円規模のWeb3ファンド組成

「FTXベンチャーズ」、約2,300億円規模のWeb3ファンド組成

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXが、新部門「FTXベンチャーズ」を設立し、約2,300億円(20億ドル)規模のWeb3ファンドを立ち上げたことが1月14日に分かった。

このファンドを主導するのは、ライトスピード・ベンチャー・パートナーズ(Lightspeed Venture Partners)の元パートナーであったエイミー・ウー(AmyWu)氏。このことはウー氏自身のツイッターにて明らかにされている。またウー氏は他にもFTXのゲーミング、M&A、その他のWeb3イニシアチブも主導するとのことだ。

なお「FTXベンチャーズ」のメンバーは、FTX創設者兼CEOサム・バンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried)氏や、FTXリードプロダクトのラムニック・アローラ(Ramnik Arora)氏、その他合計10名で構成されているようだ。

また「FTXベンチャーズ」の公式ブログによると「今回の20億ドルのファンドは株式やトークンに投資できる柔軟な資本であり、どのようなチェックサイズやステージでも投資することができます」としており、また「注目しているのはゲーム、ソーシャル、ソフトウェア、フィンテック、ヘルスケアなどの分野です」と説明されている。

FTXは昨年11月にブロックチェーンゲームスタジオであるファラウェイ(Faraway)とミシカルゲームス(Mythical Games)へ出資している。なおエイミー・ウー氏が当時所属していたライトスピード・ベンチャー・パートナーズも、昨年同月にファラウェイへ出資している。

またFTXは同じく昨年11月に、ソラナベンチャーズ及びライトスピード・ベンチャー・パートナーズと共に、Web3領域のブロックチェーンゲームスタジオやプラットフォームへ出資することを目的とした、約110億円(1億ドル)規模のファンドを組成している。

関連ニュース

FTX、NFTマーケットプレイス「LooksRare(LOOKS)」上場

 「FTX US」、米プロスポーツ4チームとパートナーシップ締結

FTXが約480億円調達、設立2年で企業評価額は約2.8兆円へ

参考:FTXベンチャーズ公式ブログ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet・blackdovfx

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【11/29話題】BlockFiが破産申請、LINEのBITFROMTがサービス終了へなど(音声ニュース)

BlockFiが破産申請、債権者10万人越え。FTX破綻の連鎖で、LINE運営のグローバル取引所「BITFROMT」、サービス終了へ、経営破綻のFTX、従業員への給与支払い再開、米クラーケンが米外国資産管理局と和解、対イラン制裁違反について、フィデリティ、「Fidelity Crypto」でビットコインとイーサ取引サービス提供開始、米コインベースにNFTゲームプラットフォームの「Vulcan Forged PYR(PYR)」上場へ、クリプトドットコムがレストランガイド「La Liste」と提携、web3支援へ、ガイアックス、鳥取県智頭町および静岡県松崎町の「美しい村DAO」サポート開始、NOT A HOTELがメンバーシップNFT第2弾販売へ、「Coincheck NFT(β版)」が先行取扱い、暗号資産と法定通貨の決済インフラXanPool、約57億円調達

Sponsored