「USDT」のテザー、メキシコペソのステーブルコイン「MXNT」ローンチ

テザーがメキシコペソのステーブルコイン「MXNT」ローンチ

米ドルペッグのステーブルコイン「USDT」発行元のテザー社が、新たにメキシコペソとペッグしたステーブルコイン「MXNT」をローンチしたことが5月26日分かった。

なお「MXNT」に対応するブロックチェーンは、イーサリアム(Ethereum)、トロン(Tron)、ポリゴン(Polygon)を予定しているとのこと。

テザー社は、暗号資産決済会社トリプルエー(Triple A)のデータを引用し「メキシコ企業の40%が何かしらの形でブロックチェーンと暗号資産の導入を検討している」と説明している。メキシコへの送金は数十億ドル規模の需要はあるが、現在はそれに困難さが伴うため、利用・普及の機会があるという。

テザー社は米ドルとメキシコペソの他に、ユーロやオフショア人民元、ゴールドにペッグされたステーブルコインをすでに発行している。これらはテザーの準備金によって100%裏付けられているという。

またテザー社発行の各ステーブルコインはそれぞれ、イーサリアムやトロン、ポリゴン、アルゴランド(Algorand)、イオス(EOS)、リキッドネットワーク(Liquid Network)、オムニ(Omni)、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)、ソラナ(Solana)など様々なブロックチェーンに対応している。

関連ニュース

テザーUSDT、クサマネットワーク(KSM)上で発行

スイスのルガーノ市、税や公共料金のビットコイン、USDT、LVGA支払に向けテザーと提携

ユーロテザー(EURT)、FTXに上場へ

アバランチ上でテザーのUSDT発行開始

テザーが米CFTCと和解、USDTに関する虚偽説明が明らかに

参考:テザー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/agcuesta・royyimzy

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している