テザーUSDT、クサマネットワーク(KSM)上で発行

テザーUSDT、クサマネットワーク(KSM)上で発行

米ドルペッグのステーブルコイン「テザー(USDT)」が、クサマネットワーク(Kusama Network)で発行されたことが4月13日分かった。

クサマネットワークは、異なるブロックチェーンの相互接続(インターオペラビリティ)を目指すプロジェクトであるポルカドット(Polkadot)の試験的ネットワークだ。

まずは、クサマネットワークのパラチェーンであるステートマイン(Statemine)上での取引に使用されるとのこと。ステートマインはNFTやステーブルコインをクサマネットワークに展開することを目的としたプロジェクトだ。

ちなみにパラチェーンとはポルカドットとクサマのエコシステムそれぞれにおいて稼働する個々のブロックチェーン。

発表によるとUSDTは現在、イーサリアム、ソラナ(Solana)、アルゴランド(Algorand)、イオス(EOS)、リキッドネットワーク(Liquid Network)、オムニ(Omni)、トロン(Tron)、ビットコインキャッシュ(BCH)、アバランチ(Avalanche)などを含む10種類のネットワークで発行されているとのことだ。

なおテザーは昨年4月、USDTをポルカドット上でローンチすることを発表していた。その際の情報によるとポルカドットでUSDTを発行する前に、クサマネットワークでUSDTを展開するとしていた。このことから近日中にUSDTがポルカドットでも発行されることが予測できるだろう。

関連ニュース

ポルカドット(Polkadot)およびクサマ(Kusama)上でステーブルコインUSDT発行へ

スイスのルガーノ市、税や公共料金のビットコイン、USDT、LVGA支払に向けテザーと提携

ユーロテザー(EURT)、FTXに上場へ

バランチ上でテザーのUSDT発行開始

テザーが米CFTCと和解、USDTに関する虚偽説明が明らかに

参考:Tether
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【11/29話題】BlockFiが破産申請、LINEのBITFROMTがサービス終了へなど(音声ニュース)

BlockFiが破産申請、債権者10万人越え。FTX破綻の連鎖で、LINE運営のグローバル取引所「BITFROMT」、サービス終了へ、経営破綻のFTX、従業員への給与支払い再開、米クラーケンが米外国資産管理局と和解、対イラン制裁違反について、フィデリティ、「Fidelity Crypto」でビットコインとイーサ取引サービス提供開始、米コインベースにNFTゲームプラットフォームの「Vulcan Forged PYR(PYR)」上場へ、クリプトドットコムがレストランガイド「La Liste」と提携、web3支援へ、ガイアックス、鳥取県智頭町および静岡県松崎町の「美しい村DAO」サポート開始、NOT A HOTELがメンバーシップNFT第2弾販売へ、「Coincheck NFT(β版)」が先行取扱い、暗号資産と法定通貨の決済インフラXanPool、約57億円調達

Sponsored