ユーロテザー(EURT)、FTXに上場へ

FTXにEURT上場へ

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXで、暗号資産ユーロ・テザー:Euro Tether(EURT)が上場することが1月26日分かった。

なおFTXでは今月6銘柄目の上場となる。直近では22日にイールドギルドゲームス:YieldGuild Games(YGG)の上場を発表している。

発表によるとEURTの取り扱いは1月27日14時(UTC:世界協定時)より取引が開始される予定で、取引ペアはEURT/USD、EURT/USDTとなっている。

EURTはユーロ価格に1:1でペッグ(固定)されたステーブルコイン。テザー(Tether)社が発行している。リリースによるとEURTの価格は、流通するEURTの数と同じ額のドルを準備金として維持することで実現しているとのこと。なおテザーは米ドルペッグのステーブルコインUSDTを発行する企業でもある。

現在EURTは、ビットフィネックス(Bitfinex)やゲート(Gate.io)などの暗号資産取引所の他、分散型取引所(DEX)ユニスワップV3(Uniswap V3)で取り扱われている。なお時価総額は約51億円となる(1/27コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

「FTX US」がソフトバンクらから約460億円調達、米国市場本格参入へ

FTX、YieldGuild Games(YGG)上場

FTXでPsyOptions(PSY)上場へ

FTXでインド版TikTok「Chingari」のGARI上場、同日に他5取引所でも

FTX、NFTマーケットプレイス「LooksRare(LOOKS)」上場

参考:FTX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【9/27話題】博報堂とアスターのステイクが新会社、Oasysでセガ「三国志大戦」リリースへなど(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ジョイントベンチャー設立へ、【取材】セガ「三国志大戦」のIP活用ブロックチェーンゲーム、Oasysでリリースへ、グリーがweb3事業参入を表明、ブロックチェーンゲーム開発を視野、SBIVCトレードが「ステーキングサービス」開始へ、カルダノ(ADA)から、フォビジャパン、テゾス(XTZ)取扱いへ、コインベース、オランダで暗号資産ライセンス取得、WEFが「Crypto Sustainability Coalition」発足、気候変動対策におけるweb3の可能性調査で、チリーズ(CHZ)の「Socios. com」、マレーシアのサッカークラブ「ジョホール」と提携、ラグビー用品専門店「ラグビーオンライン」、FiNANCiEでトークン発行、コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発、NFTアートの祭典「CAWA TOKYO 2022」、9月27日から開催

Sponsored

コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発

DeFi(分散型金融)やNFTにおけるブロックチェーンの安全性と規制問題に取り組むweb3ソフトウェア開発企業ビクトリーファイナンス(Bictory Finance)が、コンコーディアム(Concordium)ブロックチェーン上でウォレット・ネーム・システム「Concordium Name Service(CNS)」を9月27日に発表した。

Sponsored