コインチェック、Othersideにメタバース都市「Oasis MARS」制作開始

コインチェックがOthersideにメタバース都市「Oasis MARS」を制作開始

国内暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック(Coincheck)が、「Otherside(アザーサイド)」にメタバース都市「Oasis MARS」を制作するプロジェクトを開始したことが7月27日分かった。

「Otherside」は、人気NFTプロジェクト「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を運営する「ユガラボ(Yuga Labs)」と、ブロックチェーンゲーム開発会社「アニモカブランズ(Animoca Brands)」が主導するメタバースプロジェクトだ。

「Otherside」では、自由度の高いメタバースプラットフォームとして、ゲームプレイ、創作活動、他プレイヤーとの対戦といったユーザー体験が提供される予定だという。

コインチェックは今年5月に「Otherside」の土地「Otherdeed」を取得し、6月にCoincheck NFT(β版)にて「Otherside(NFT)」の取扱いを開始している。

今回は同社が「Otherdeed」にて「Oasis MARS」を制作するプロジェクトを開始したとのことだ。

また「Oasis MARS」のメタバースクリエイターやコラボレーションパートナーの募集も同日より開始したと発表されている。

同社のリリースでは「プロジェクトを進めることで、まだ黎明期にあるメタバースにおいて先行事例を作り、メタバース×NFTによる新たな可能性を追求していきたいと考えています」と説明されている。

なおコインチェックはメタバース都市開発プロジェクト「Oasis」において、今回発表された最新のブランチ「Oasis MARS」以外、今年1月よりメタバース・web3ゲームプラットフォームの「The Sandbox」に「Oasis TOKYO」の制作を開始し、3月よりメタバースプラットフォームである「Decentraland(ディセントラランド)」には「Oasis KYOTO」の制作を開始している。

関連ニュース

近未来都市「Oasis TOKYO」、なぜバーチャルな土地に価値が?(コインチェック執行役員 天羽健介)

国内初、コインチェックで「The Sandbox」のSAND上場へ

コインチェック、水原希子とメタバース都市でコラボ

【取材】コインチェックが小嶋陽菜「Her lip to」とメタバースでコラボ、「Oasis TOKYO」で展示会など

ドバイがメタバース戦略、5年で40億ドルの経済効果見込む

参考:コインチェック
デザイン:一本寿和
images:iStocks/RRice1981

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない