保険証書NFT、IMAフィナンシャルが発行

保険証書NFT、IMAフィナンシャルが発行

保険および資産運用企業のIMAフィナンシャル(IMA Financial)が、NFT化した保険証書(COI/Certificate Of insurance)を発行したことが7月25日に分かった。顧客であるエンギビン(Engiven)に代わって発行されたNFT保険証書は、ディセントラランド(Decentraland)にある「Web3Labs」を通じて取引されたとのことだ。

エンギビンは、非営利団体(NPO)が暗号資産による寄付を安全に受け取るためのシステムを開発・提供する企業だ。また「Web3Labs」は、IMAフィナンシャルが今年3月に設立したディセントラランド上の保険・リスクマネジメント研究開発施設である。

リリースによれば保険証書について「特に建設業界や石油・ガス業界では、契約上この書類の管理が義務付けられているにもかかわらず、その更新や見直しはほとんど行われておらず、企業はリスクにさらされています」と説明されている。そしてNFTと紐付けて保険証書を発行することで、その証書は更新、アクセス可能で、検証可能な記録を提供し、メンテナンスの問題を解決することができるという。

IMA フィナンシャルのシニアバイスプレジデント兼イノベーション・戦略ディレクターのギャレット・ドローゲ(Garrett Droege)氏は次のようにコメントしている。

「証明書の発行は、すべてのブローカーにとって重要な戦術的手順であり、毎年全国で数億枚が発行されています。NFTが話題になっているにもかかわらず、このツールはビジネスではあまり使用されていません。保険証書はその価値を示すのに最適なユーティリティであり、ブロックチェーンリーダーのエンギビンは完璧なパートナーです」

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Smederevac・inkoly

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【3/20話題】コインベースが米国以外でグローバル顧客向けサービス検討か、クリプトドットコムがドバイでMVP準備ライセンスなど(音声ニュース)

米コインベース、米国以外でグローバル顧客向け暗号資産取引サービス検討か=報道、米ステートストリート、英カストディ企業Copperとの業務提携を終了=報道、暗号資産ETP提供の21Shares、需要の低い6商品を提供停止へ=報道、クリプトドットコム、ドバイで暗号資産事業のMVP準備ライセンス取得、クラーケンにDeFiの「GMX(GMX)」上場へ、アービトラムが独自トークン「ARB」発行へ、DAO運営移行で

Sponsored

【3/17話題】イーサリアム「Shapella」のメインネット実装日、フィナンシェがHORIE MOBILEと事業連携など(音声ニュース)

イーサリアム次期大型アップグレード「Shapella」、メインネット実装日が4月12日に合意、Oasys(OAS)のNFTプロジェクト「OASYX」、「バーチャファイター」シリーズ3作とコラボ決定、ビットフライヤーにパレットトークン(PLT)上場へ、国内5例目、オーケーコインジャパンにポリゴン(MATIC)上場へ、ERC20とネイティブトークンで、ユニスワップV3がBNBチェーンで稼働開始、アバランチ展開も可決へ、FDICがSV銀行とシグネチャー銀行の入札日を設定、買い手には暗号資産事業の破棄要求か=報道、インド中銀とUAE中銀がCBDC実験へ、2国間ブリッジなど実施へ、スタークネット、初のガバナンス投票を実施へ、モノバンドル、ブロックチェーン技術者向けプラットフォーム「Blockchain Hacklab」提供開始、レコチョク、「レコチョクNFTチケット」提供へ、フィナンシェトークン(FNCT)、ステーキングを4月3日から提供開始、フィナンシェが堀江貴文の「HORIE MOBILE」と事業連携、「FiNANCiE」でトークン発行も、東南アジア初のプロ野球リーグ設立手掛ける「カルピース」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored