保険証書NFT、IMAフィナンシャルが発行

保険証書NFT、IMAフィナンシャルが発行

保険および資産運用企業のIMAフィナンシャル(IMA Financial)が、NFT化した保険証書(COI/Certificate Of insurance)を発行したことが7月25日に分かった。顧客であるエンギビン(Engiven)に代わって発行されたNFT保険証書は、ディセントラランド(Decentraland)にある「Web3Labs」を通じて取引されたとのことだ。

エンギビンは、非営利団体(NPO)が暗号資産による寄付を安全に受け取るためのシステムを開発・提供する企業だ。また「Web3Labs」は、IMAフィナンシャルが今年3月に設立したディセントラランド上の保険・リスクマネジメント研究開発施設である。

リリースによれば保険証書について「特に建設業界や石油・ガス業界では、契約上この書類の管理が義務付けられているにもかかわらず、その更新や見直しはほとんど行われておらず、企業はリスクにさらされています」と説明されている。そしてNFTと紐付けて保険証書を発行することで、その証書は更新、アクセス可能で、検証可能な記録を提供し、メンテナンスの問題を解決することができるという。

IMA フィナンシャルのシニアバイスプレジデント兼イノベーション・戦略ディレクターのギャレット・ドローゲ(Garrett Droege)氏は次のようにコメントしている。

「証明書の発行は、すべてのブローカーにとって重要な戦術的手順であり、毎年全国で数億枚が発行されています。NFTが話題になっているにもかかわらず、このツールはビジネスではあまり使用されていません。保険証書はその価値を示すのに最適なユーティリティであり、ブロックチェーンリーダーのエンギビンは完璧なパートナーです」

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Smederevac・inkoly

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。