「ハローキティとなかまたち」のNFT、サンリオとRECURがリリースへ

サンリオキャラクターのNFTがリリースへ

サンリオキャラクターのNFTコレクション「Hello Kitty and Friends(ハローキティとなかまたち)」がリリースされることが7月26日分かった。

今回リリースされるNFTコレクションはサンリオが昨年11月にパートナーシップを締結していた米リカー(RECUR)とのコラボレーションにより制作されたとのこと。あたらしい経済編集部がサンリオ広報に確認したところ、この取り組みは同社の欧州地区管轄の子会社Sanrio GmbHによるものとのことだ。

販売についてはリカーのNFTマーケットプレイスにて行われ、8月24日にプレセール、8月25日にパブリックセールが開始される予定だ。プレセールにはリカーが販売する「NFTパス」のホルダーが参加できるという。なおリカーでは、ポリゴン(Polygon)を採用しNFTをミント(鋳造/発行)しているようだ。

「Hello Kitty and Friends」では全10,000体のNFTをリリースするという。ハローキティとその仲間の5人のキャラクターがツアーガイドとして世界8都市を旅することをコンセプトにしたNFTになるとのこと。なおハローキティ以外のキャラクターは後日公開される予定とのこと。ちなみにサンリオでは「マイメロディー」や「ぐでたま」、「けろけろけろっぴ」などのキャラクターも展開されている。

NFTを獲得するには、プラットフォーム上で世界中の8つの象徴的な都市に旅行するチャレンジを完了することが必要とのこと。なおそのうちの2つのチャレンジはリカーのパスホルダーのみが対象となるとのことだ。

サンリオのEMEA(Europe, the Middle East and Africa)、インド、オセアニア担当の最高執行責任者のシルビア・フィジーニ(Silvia Figini)氏は、今回の発表について次のようにコメントしている。

「世界で人気のキャラクターとその仲間たちの友情とコミュニティをRECURで新しいファン層に提供できることは信じられないことです。私たちは、世界で最高のファンを持っていることは幸運であり、熱狂的なファンコミュニティを体験したことのない新しい空間へ導けるのは特権です」

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/RRice1981

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored