ドバイがメタバース戦略、5年で40億ドルの経済効果見込む

ドバイがメタバース戦略、5年で40億ドルの経済効果見込む

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイが、「ドバイ・メタバース戦略(Dubai Metaverse Strategy)」を発表した。ドバイのハムダーン・ビン・ムハンマド・アール・マクトゥーム(Hamdan bin Mohammed Al Maktoum)皇太子が7月19日、ツイートで明らかにした。

この戦略は、メタバースを利用して今後5年間で4万人の新たな雇用を創出し、40億ドル(約5,500億円)の経済効果を上げるための計画とのことだ。

また戦略の中で、ドバイにおけるブロックチェーンとメタバース関連の企業数を5倍に増やす方針も示した。そしてドバイがメタバース経済において世界トップ10の都市を目指す意向も示している。

なお現在ドバイでは、メタバースとブロックチェーン市場がドバイの国民経済に5億ドル(約690億円)貢献しているとのこと。またドバイはメタバースのユースケースを整備していく予定だという。

なおドバイでは、仮想資産規制機関(VARA)によって発行されたライセンスを暗号資産関連起業へ付与する動きが昨今相次いでいる。例えばFTX、Binance、OKX、Crypto.comなどが、ドバイで暗号資産事業を運営するための認可を取得している。

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Greens87

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/28話題】INTMAXが「Plasma Next」メイネットαをローンチ、周南公立大がDiamond HandsとWeb5でデジタル学生証など

INTMAX、「Plasma Next」メイネットαをローンチ。Plasmaの完成により拡張性向上、周南公立大学、Web5採用でDID利用のデジタル学生証の実証へ。Diamond Handsと提携で、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装日が3月13日に正式決定、ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、2日連続で13億ドル超えの取引高を記録、英ロイズ銀行、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)ネットワークに参加、国内初、ビットポイントに「オシトークン(OSHI)」上場、Binance Japanにラップドビットコイン(WBTC)・ファイルコイン(FIL)・スイ(SUI)上場へ、取扱い50銘柄に、ビットフライヤーにドージコイン(DOGE)上場へ、2月で取扱い10銘柄目、SBI、日本酒「作(ZAKU)」にブロックチェーン導入で不正流通を防ぐ。開封後に「ラベルNFTバッジ」受取も、ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に、アバランチ(AVAX)がネットワーク障害でブロック確定が約6時間停止、現在は解決済み