イーサリアムのリキッドステーキング提供「Lido」、L2対応へ

「Lido」がステーキングサービスをL2対応へ

イーサリアムのリキッドステーキングを提供する「リドファイナンス(LidoFinance)」が、レイヤー2へ対応することが7月18日分かった。

リドは、コンセンサスレイヤー(Consensus Layer:旧名称Eth2.0)でユーザーが独自でステーキングする際に必要な最低32ETHを保有せずとも、イーサリアムのイーサ(ETH)のステーキングに少額から参加できるサービスだ。

リドでイーサステーキングを行うと、イーサと「1:1」の割合で価値が担保されているトークン「stETH」が生成され、ユーザーはイーサの代わりに「stETH」が受け取れる。そして付与された「stETH」でDeFi(分散型金融)を利用して、再度イーサに交換できる他、レンディングなどを行えば利回りを得ることもできる。

発表によるとリドがレイヤー2へ対応した場合、レイヤー2では「stETH」のラップドトークン「wstETH」が発行される。そのためユーザーはレイヤー2で保有しているイーサを、直接レイヤー2からステーキングできるとのこと。

つまりユーザーは、イーサリアムのメインネットへイーサをブリッジすることなく、低い手数料でステーキングができ、またレイヤー2のDeFiプラットフォームへのアクセスも可能となるとのこと。

既にレイヤー2プラットフォームのアージェント(Argent)や、ジーケーシンク(zkSync)、Azテック(Aztec)で「wstETH」に対応しているという。なおアービトラム(Arbitrum)とオプティミズム(Optimism)でも、「wstETH」への対応を開始する予定とのことだ。

関連ニュース

FTX、イーサリアムのリキッドステーキング「Lido DAO(LDO)」上場へ

バイナンス、「Lido DAO(LDO)」上場

a16z、イーサリアムのステーキングサービス提供「Lido」へ約80億円出資

イーサリアムL2のOptimism、OPトークンのエアドロップ開始

FTXグローバル、イーサリアムL2「Optimism(OP)」を先物で取扱開始

参考:Lido DAO
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SiberianArt・wacomka・artacet

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ