FTX、イーサリアムのリキッドステーキング「Lido DAO(LDO)」上場へ

FTXがLDOの現物と先物取扱い開始へ

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXが、暗号資産リドダオ:Lido DAO(LDO)の現物および先物の取引提供を開始することが7月19日分かった。

LDOの取引は19日14時(UTC:世界協定時)に開始される予定で、取引ペアについてはLDO / USDとなっている。また先物は、DEX(分散型取引所)パーペチュアルプロトコル(Perpetual Protocol)を動かすためのトークン「PERP」との取引ペアでサポートされる。

リドダオは、リドによるイーサリアム(Ethereum)のリキッドステーキングサービスを構築するDAO(自律分散型組織)。ネイティブトークンのLDOはガバナンストークンとして利用できる。

リドは、コンセンサスレイヤー(Consensus Layer:旧名称Eth2.0)でユーザーが独自でステーキングする際に必要な最低32ETHを保有せずとも、イーサリアムのイーサ(ETH)のステーキングに少額から参加できるサービスだ。

リドでイーサステーキングを行うと、イーサと「1:1」の割合で価値が担保されているトークン「stETH」が生成され、ユーザーはイーサの代わりに「stETH」が受け取れる。そして付与された「stETH」でDeFi(分散型金融)を利用して、再度イーサに交換できる他、レンディングなどを行えば利回りを得ることもできる。

なおリドのステーキングサービスはイーサリアムだけでなく、ソラナ(SOL)やクサマ(KSM)、ポリゴン(MATIC)、ポルカドット(DOT)も提供されている。

またリドダオは18日、イーサリアムのレイヤー2にサービスを拡大する計画を発表している。

LDOは現在、バイナンス(Binance)やクラーケン(Kraken)、ゲート(Gate.io)、バイビット(Bybit)、ジェミナイ(Gemini)、MEXCなどの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やスシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約644億円となる(7/19 コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

FTX、NFTマーケットプレイス「CRIPCO(IP3)」上場へ

STEPNの「GMT」、FTXがERC20でサポート開始

FTX、USDTがアバランチ、USDCがポリゴンとトロンに対応

FTX、BlockFiへ約340億円融資

FTX、カナダの暗号資産取引所Bitvo買収へ

参考:FTX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【1/27話題】TanéがDeNAらから約10億円調達、Amazonが4月にデジタル資産事業立ち上げかなど(音声ニュース)

Tanéがweb3インキュベーター事業開始、DeNAやB Dashらから約10億円の資金調達も、Amazonが4月にデジタル資産事業を立ち上げか、BCゲームやNFT検討=報道、FTXが米国司法省の調査に異議。債権者は日本および米国規制当局なども、米国民主党議員ら、PCAOBへ暗号資産監査会社の監視強化を要求。FTX破綻受け、Sui(SUI)基盤のウォレット「Ethos Wallet」がシードラウンドで約5.4億円調達、gumi Cryptosら出資、SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始、Doodles2が「Flow」でローンチへ、ウェアラブルNFTでカスタマイズ可能に、大阪府太子町が「あるやうむ」と連携協定、NFTで地方創生促進へ、オランダ中銀、コインベースに約4.6億円の罰金支払命令、金融格付け機関ムーディーズ、ステーブルコインのスコアリングシステム開発中か=報道、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」、イーサ上にv3立ち上げへ、アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

Sponsored

アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol 以下、トラストプロトコル)のネットワークメンバーに、米アパレル企業のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters以下、AEO)が新たに加入したことが1月26日発表された