FTX、イーサリアムのリキッドステーキング「Lido DAO(LDO)」上場へ

FTXがLDOの現物と先物取扱い開始へ

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXが、暗号資産リドダオ:Lido DAO(LDO)の現物および先物の取引提供を開始することが7月19日分かった。

LDOの取引は19日14時(UTC:世界協定時)に開始される予定で、取引ペアについてはLDO / USDとなっている。また先物は、DEX(分散型取引所)パーペチュアルプロトコル(Perpetual Protocol)を動かすためのトークン「PERP」との取引ペアでサポートされる。

リドダオは、リドによるイーサリアム(Ethereum)のリキッドステーキングサービスを構築するDAO(自律分散型組織)。ネイティブトークンのLDOはガバナンストークンとして利用できる。

リドは、コンセンサスレイヤー(Consensus Layer:旧名称Eth2.0)でユーザーが独自でステーキングする際に必要な最低32ETHを保有せずとも、イーサリアムのイーサ(ETH)のステーキングに少額から参加できるサービスだ。

リドでイーサステーキングを行うと、イーサと「1:1」の割合で価値が担保されているトークン「stETH」が生成され、ユーザーはイーサの代わりに「stETH」が受け取れる。そして付与された「stETH」でDeFi(分散型金融)を利用して、再度イーサに交換できる他、レンディングなどを行えば利回りを得ることもできる。

なおリドのステーキングサービスはイーサリアムだけでなく、ソラナ(SOL)やクサマ(KSM)、ポリゴン(MATIC)、ポルカドット(DOT)も提供されている。

またリドダオは18日、イーサリアムのレイヤー2にサービスを拡大する計画を発表している。

LDOは現在、バイナンス(Binance)やクラーケン(Kraken)、ゲート(Gate.io)、バイビット(Bybit)、ジェミナイ(Gemini)、MEXCなどの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やスシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約644億円となる(7/19 コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

FTX、NFTマーケットプレイス「CRIPCO(IP3)」上場へ

STEPNの「GMT」、FTXがERC20でサポート開始

FTX、USDTがアバランチ、USDCがポリゴンとトロンに対応

FTX、BlockFiへ約340億円融資

FTX、カナダの暗号資産取引所Bitvo買収へ

参考:FTX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている