FTX、カナダの暗号資産取引所Bitvo買収へ

FTX、カナダの暗号資産取引所Bitvo買収へ

各国で事業展開を進める大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXが、カナダで暗号資産取引所などを運営するビットヴォ(Bitvo)を買収する予定であることが6月17日に分かった。この買収はカナダの規制当局の承認を得られれば、今年の第3四半期に完了する予定だという。

ビットヴォは、ビットコイン(BTC)、イーサ(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、カルダノ(ADA)、ユニ(Uni)など合計11種類の暗号資産を取り扱う取引所だ。またビットヴォはVISAブランドのデビットカードである「Bitvo Cash Card」を提供している。

FTXのCEOサム・バンクマンフリード(Sam Bankman-Fried)氏はリリースで次のようにコメントしている。

「私たちは、カナダ市場に参入し、FTXのグローバルなリーチを拡大し続けることを嬉しく思います。カナダへの進出は、世界中のさまざまな地域の暗号資産規制当局と積極的に協力するための新たなステップです」

ビットヴォCEOのパメラ・ドレイパー(Pamela Draper)氏は、次のようにコメントしている。

「カナダは暗号資産取引への関心を高めており、カナダの暗号資産コミュニティに世界有数の規制された取引プラットフォームへの参入を支援できることに興奮しています。私たちはFTXの一部として、カナダの暗号資産エコシステムへのアクセスを変革することを楽しみにしています」

なおFTXは今年2月に、日本の暗号資産取引所「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」を買収し、今月3日に「FTX Japan」を正式ローンチした。またFTX Japanの暫定CEOは、FTXのCEOサム・バンクマン・フリード氏が務めている。

参考:Bitvo
images:iStocks/pgraphis
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored