コシノジュンコNFT発売へ、現物特典も。and factory「ARTPiA」始動

コシノジュンコとレイホラチェック、NFT発売へ

マンガや占いアプリなどを手がける東証プライム上場企業「and factory」が、NFT関連プロジェクト「ARTPiA(アートピア)」を試験的に開始したことが6月20日分かった。

「ARTPiA」は、アーティストが自由に活動でき、作品の所有者が新しい楽しみ方ができる場所を創造することを目指すプロジェクトだと発表されている。具体的にはアーティストやクリエイターによるNFTアートを世界に提供していく取り組みとのことだ。

そしてプロジェクト第1弾として、世界的なファッションデザイナーとして知られるコシノジュンコ氏、デジタルアーティストのレイホラチェック氏の作品をNFT化し、6月22日(水)12時より販売するとのことだ。

コシノジュンコ氏の作品タイトルは「対極の美ー無限に続く円ー」。販売数は1点のみ、オープンシー(OpenSea)にてオークション形式で販売開始される。なお落札金額に応じた3つの購入者特典があるとのこと。

「対極の美ー無限に続く円ー」

5〜9ETHでの落札で、「コシノジュンコ氏サイン入り作品集とオリジナルブルゾン」が、10〜19ETHで前述の特典に加え「POROPOROストール」が特典として用意されている。さらに20ETH以上の落札で前述の2特典に加え、「本作品の3Dフィギュア」がコシノジュンコ氏本人より贈呈されるとのこと。

またコシノジュンコ氏とこれまでにショーやアート作品でコラボした実績のデジタルアーティスト・レイホラチェック氏のNFTも、同日に販売開始となる。作品タイトルは、「Momentum」で、オープンシーにて販売される。販売開始価格は0.2ETHで、限定5つのオークション販売となっている。

「Momentum」

なお、2作品ともオークション期間は6月22日12:00から6月28日12:00までとなっている。

コシノジュンコ氏はこの取り組みに関して以下のようにコメントしている。

「今回、NFTアートとして出展する作品は、今までのコレクションの中で、最もアイコニックな作品を3Dデジタル化したものです。初めての挑戦となりますが、これを機に国内外問わず幅広い世代の方に、NFT作品を楽しむこと、そして所有する喜びを伝えていきたいと思います」

参考:特設サイト

関連情報

また本プロジェクトに携わっている、and factory Start Up事業部の福田圭太氏、fracton ventures Co-Founder の鈴木雄大氏に、あたらしい経済編集長の設楽悠介が、コシノジュンコNFTについての詳細や、and factoryがNFT事業に参入した理由、今後の展開などについて訊くTwitterスペース・イベントを6月22日20時より開催します。ぜひご参加ください。

→詳細はこちら

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【8/17話題】FRBが銀行向けに暗号資産のガイダンス、Jump Cryptoがソラナのバリデータクライアント開発など(音声ニュース)

米FRB、暗号資産業務を検討する銀行向けにガイダンス発表、Jump Crypto、ソラナ(SOL)のバリデータクライアント開発へ、【取材】暗号資産決済導入を簡単に、「Slash Web3 Payment」メインネットローンチ、住友商事、ブロックチェーン活用の金属資源貿易PFを商業利用へ、美ら海ゴミゼロプロジェクト、FiNANCiEでトークン発行、【レポート】IOSTと⼤学研究室がweb3サマースクール開催、ブロックチェーン技術の教育と⼈材育成に貢献、アスターネットワーク(ASTR)が日本で「Astar Week」開催。VC、暗号資産取引所、web3スタートアップら集う

Sponsored

ジャンプクリプトがソラナのバリデータークライアント開発へ

米シカゴ拠点のブロックチェーンインフラ開発組織であるジャンプクリプト(Jump Crypto)が、ソラナネットワーク(Solana Network)用の新しいオープンソースバリデータクライアントの開発開始を8月17日発表した。ソラナネットワークのスループット(データ処理能力)と信頼性を高める取り組みとのこと。

【8/16話題】LINEのリンクがMEXCで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券がCordaで発行など(音声ニュース)

LINEの暗号資産「リンク(LN)」、MEXC Globalで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券「ネクスペイ」、Cordaで発行、ポリゴン(MATIC)とボラ(BORA)が連携、クロスチェーン環境構築へ、イーサリアムL2開発StarkWare、新たにスケーリング技術「Recursive Proving」発表、ビットバンク、Flare Networksのエフエルアール(FLR)上場へ、クラーケングローバル、Kusamaパラチェーン「Basilisk(BSX)」上場、Liquid by FTX、キャッシュ(QASH)とステラルーメン(XLM)上場廃止へ、米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ、ビットバンク、対ビットコイン(BTC)取引ペア全銘柄取扱終了へ、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業の予備ライセンス取得、クリプトドットコム、カナダで暗号資産事業者の事前承認取得

Sponsored