【ツイッタースペース】コシノジュンコNFTとは? NFTのこれからの可能性を語る 6/22 20時〜

コシノジュンコNFT発売記念、ツイッタースペース開催!

マンガや占いアプリなどを手がける東証プライム上場企and factoryが、NFT関連プロジェクト「ARTPiA(アートピア)」の試験的開始を6月20日発表しました。その取り組みの第1弾として、世界的なファッションデザイナーとして知られるコシノジュンコ氏、デジタルアーティストのレイホラチェック氏のNFTの販売も6月22日(水)12時から開始されます。

本プロジェクトに携わっている、and factory Start Up事業部の福田圭太氏、fracton ventures Co-Founder の鈴木雄大氏に、あたらしい経済編集長の設楽悠介が、コシノジュンコNFTについての詳細や、and factoryがNFT事業に参入した理由、今後の展開などについて訊くTwitterスペース・イベントを開催します。

なお当日の質問や感想は #ARTPiA もしくは #アートピア でのツイートで受付させていただきます。ぜひご参加ください。

Twitterスペース・イベント概要

イベント名:【Twitterスペース】コシノジュンコNFTとは? NFTのこれからの可能性を語る #ARTPiA プロジェクト始動

日時:6月22日(水)20:00〜(日本時間)

出演:and factory Start Up事業部 福田圭太・fracton ventures Co-Founder 鈴木雄大・幻冬舎「あたらしい経済」編集長 設楽悠介

参加費:無料

主催 and factory ARTPiA・幻冬舎あたらしい経済(共催)

開催場所(URL): https://twitter.com/i/spaces/1YqJDqpvOboxV 
(スマホ、PC等でツイッタースペースを再生できる環境設定をお願いいたします)

関連記事

→コシノジュンコNFT発売へ、現物特典も。and factory「ARTPiA」始動

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【ライブ中継】「Play to Earn」でのESG活動とは? web3ゲームのDEAが事業戦略発表会開催(4/27)

シンガポールを拠点にグローバルでGameFiプラットフォーム事業を展開する「Digital Entertainment Asset Pte. Ltd. (DEA)」が、報道関係者向けに事業戦略発表会を開催することが分かった。2022年4月27日(水)13:00より、リアルとオンライン配信のハイブリッド方式で開催される。

イーサリアムのヴィタリク・ブテリンが語る、Web3、NFT、メタバース(Web3 Conference Tokyo より)

Web3領域に関するグローバルカンファレンス「Web3 Conference Tokyo」が本日(1/28)開催中だ。Mask Network(マスクネットワーク)とグラコネのBlockchainPROseedが主催するイベントで、冒頭のスペシャルオープニングスピーチには、イーサリアム(Ethereum)の共同創設者であるヴィタリク・ブテリン(Vitalik Buterin)が登壇した。

Web3時代はすぐそこか? 暗号資産・ブロックチェーン業界を牽引する52人の「2022年の展望」

「あたらしい経済」の年始の特別企画として、ブロックチェーン・暗号資産業界を国内外で牽引するプレイヤーや有識者の方々に「2022年の展望」を寄稿いただきました。 この記事には私たちがこれからの「あたらしい経済」時代をサバイバルしていくための、多くのヒントやインサイトに溢れています。