ブロックチェーンゲームの熱気を帯びた、七夕の夜 〜YGG Japan TANABATA Networking Partyレポート〜

設楽悠介

Sponsored

ブロックチェーンゲームの熱気を帯びた、七夕の夜

ブロックチェーンゲームギルド「Yield Guild Games」の日本法人「YGG Japan」が、沖縄で現在開催中の「IVS Crypto」に合わせ、完全招待制のネットワーキングパーティ「Tanabata Networking Party」を七夕の夜、7月7日に開催した。

那覇市内のホテルに、国内外の主要なゲームパブリッシャー、ゲームスタジオ、IPライセンサー、web3テック企業などが一同に集結した。

イベントの冒頭では、Yield Guild Games Co-founder Gabby Dizon氏がスピーチした。

こんにちは、フィリピンから来たYield Guild Games(YGG)の共同創業者のGabby Dizonです。この場にいられることを大変光栄に思います。私を招待し、このパートナーシップを実現させてくれたIVCとIVSに感謝しています。

2020年、ブロックチェーンゲームを世界に広めるためにYGGを作りました。世界中の数十億人以上の人々が情熱的にゲームをしていますが、多くの人々はまだゲームプレイから金銭的な価値を得ていません。それを変えるために、私たちはここにいます。

今私たちはゲームプレイヤーに自分の資産を所有してもらい、ゲーム内の仮想経済の一部を所有してもらう、ういう世界観を広めていくことにワクワクしています。

2020年にYGGをスタートさせ、世界中のトップVCから投資を受けてきました。そして、東南アジア、インド、ラテンアメリカ、ブラジルなど、さまざまな場所でYGGのサブDAOをスタートさせました。

そして今回、日本のゲームプレイヤーにブロックチェーンゲームを提供し、さらに日本のIPを世界中のブロックチェーンゲーマーに提供するために、YGG Jaoanの設立できたことを大変誇りに思っています。

私たちは、日本のトップゲームパブリッシャーやIPホルダーらと協力し、日本のコンテンツをブロックチェーンゲームに提供することを楽しみにしています。


続けてYGG Japan Co-Founder 藤原哲哉氏がスピーチした。

今回オフラインでこのような会を開催できてとても嬉しく思っています。このような機会を作れたのも、IVC様、IVS様に感謝しております。ありがとうございます。

GameFiのトレンドの変化に伴い、Guildに求められてくることも大きく変わってくると思っています。変化に対応するべく、YGG JapanはGuild Ver2.0を目指していきます。どういった準備をしているか、詳細は個別でお話させていただければと思っています。

先日プレスリリースを発表させていただきましたが、インキュベーションラウンドで2.8Mドルの資金調達を完了しました。そして、早速ではありますが、次のフェーズに移行し、プライベートラウンドをはじめます。

そして9月15日から18日に開催される「東京ゲームショウ2022」に出展をすることが決定しました。東京ゲームショウにギルドが出展することで、より多くのゲームユーザーをブロックチェーンゲームの世界に導きたいと思っています。また、ブロックチェーンゲームの認知をより拡大するために、多くのパートナーの皆様と盛り上げていきたいと考えています。協賛していただけるパートナー様いらっしゃいましたら、是非お声がけいただけると嬉しいです。


その後ネットワーキングパーティーが始まった。当初150名の定員で開催される予定で招待制であったにもかかわらず、口コミで開催の噂が広がり、当日は300人近い来場者が訪れ、多くの参加者がブロックチェーンゲームの可能性について語り合った。

YGG Japan Co-Founder 藤原哲哉氏に取材

なお「YGG Japan」は先日5日インキュベーションラウンドで2.8百万米ドル(約3.8億円)の資金調達を完了したことを発表している。出資者にはInfinity Ventures Crypto(IVC)、Animoca Brands、YIELD GUILD GAMES、YGG SEA、アカツキ、double jump.tokyo Inc. 、CryptoGames Inc. 、アリーバ・スタジオ、Kiii、Daysの計10社と、国光宏尚氏、三宅裕之氏、森和孝氏、Mr.Blockの4名の投資家が名を連ねる。

ネットワーキングパーティーで「あたらしい経済」編集部はYGG Japan Co-Founder 藤原哲哉氏に取材した。

–今後のお取り組みについて教えてください。

先日調達をしましたが、次のラウンドをはじめ、戦略的なパートナーを増やしていこうと考えています。

私たちの勝ち筋は、多くの日本のゲーム会社様に入ってきてもらい、プロダクトもしっかり集め、正しいユーザープールを作りにくいことだと思っています。そうすることで「YGG Japan」のユーザーの皆様にはより良質なゲームをご案内し、ゲーム会社様には良質なユーザーの皆様へのマーケティングの機会を提供する。そういった関係性のあるプラットフォームに成長させるため、ゲーム会社様、ユーザー様に歩み寄ってビルドしていきたいと思っています。

また私たちはYGGのグループとして、日本のゲームタイトルをそれぞれの地域のコミュニティと連携して世界に発信していきたいと思っています。

–現在暗号資産市場が暴落し、冬の時代だと言われています。この状況が御社のビジネスにどう影響を与えると考えていますか?

私たちがよりフォーカスしたいのは、現在のアーリーアダプターであるクリプトユーザーだけでなく、マスアダプションした際のゲームユーザーです。次の市場の盛り上がりの際、ブロックチェーンゲーム市場がマスアダプションするであろうタイミングで良いポジション取れるように、今私たちはしっかりと準備や仕込みを終わらせておきたいと考えています。

また現在の市場状況は、一般ユーザーがブロックチェーンゲームを遊びやすい、比較的安価にプレイできるというタイミングであると思っていますので、そういう意味ではチャンスかもしれないと感じています。

「YGG Japan」は、国内外で人気の高いブロックチェーンゲームをより多くの日本ゲームユーザーに体験してもらうためのブロックチェーンゲームの入口となるプロダクトを提供していくますのでご期待ください。

「YGG Japan」とは?

Yield Guild Games(YGG)は、ブロックチェーンゲームで利益を生み出すNFT(Non Fungible Token)を提供する、世界最大のDAO型ゲーミングギルドであり、24カ国以上で10万人以上のプレイヤーと2万人以上のスカラーを抱えています。YGGが日本進出し設立したYGG Japanは、日本のゲームユーザーを「Play to Earn」の先にある、「Play and Earn」の世界へ導くことを目指しています。また、日本のゲーム会社が世界に向けてブロックチェーンゲームを立ち上げることもサポートします。これまで日本では多くのグローバルIPが生まれ、世界で尊敬されているゲーム会社も多数あります。世界に誇るゲーム文化を持つ日本のコンテンツがグローバルで拡大するよう、YGG Japan及びYGGグループは全力でサポートしていきます。

Medium https://medium.com/@YGGJapan
Twitter https://twitter.com/YGGJapan
FaceBookhttps://www.facebook.com/YGG-Japan-101792249155416
Discordhttps://discord.gg/yggjapan

お問い合わせ先

本記事や「YGG Japan」に関するお問い合わせは以下担当者にメールでご連絡ください。

s.miyashita@forn.co.jp

 

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や電子書籍事業、新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバー。テレビ番組「スポットライト」(RKB)、ラジオ「テンカイズ」(TBS)にレギュラー出演。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「あたらしい経済ニュース」等のポッドキャストも配信。著書に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や電子書籍事業、新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバー。テレビ番組「スポットライト」(RKB)、ラジオ「テンカイズ」(TBS)にレギュラー出演。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「あたらしい経済ニュース」等のポッドキャストも配信。著書に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【随時更新】2024年 暗号資産/ブロックチェーンなどWeb3領域の主要カンファレンス日程まとめ

今年2024年も国内外で様々な暗号資産(仮想通貨)/ ブロックチェーンなどWeb3領域のカンファレンスの開催が予定されています。この記事では今年の主要なイベントについてご紹介します。今後こちらの情報も随時更新していく予定です。ぜひブックマークしてご利用ください(最終更新2024年1月26日)。

HTXが「HTX DAO」ローンチ、ガバナンストークン「HTX」も発行へ

海外暗号資産(仮想通貨)取引所のHTXが、HTX DAOの設立およびガバナンス機能付きプラットフォームトークン「HTX:HTX DAO」を発行し、独自に発行しているプラットフォームトークンである「HT:Huobi Token」からの移行を発表した。HTX DAOは1月18日に設立され、トークンの移行に関しては1月20日に発表されている

NFTのビジネス活用が学べるイベント「NFT meets BUSINESS」2/6開催、クリプトリエ新サービス発表も

NFTのビジネス活用が学べるイベント「NFT meets BUSINESS 2024 produced by cryptolier」が、東京ミッドタウン日比谷で2月6日に開催される。web3に関するコンサルティングや開発事業を手掛ける、株式会社クリプトリエが「NFTのビジネス活用を”今”からはじめよう」をテーマに主催するイベントだ。

渋谷がアートとテックに染まる3日間「DIG SHIBUYA」1/12~14開催、回遊型NFTスタンプラリーや移動式参加型アートなど

テクノロジーとアートを掛け合わせた最新カルチャーを体験できる回遊型のイベント「DIG SHIBUYA(ディグシブヤ)」が、2024年1月12〜14日の3日間開催される。SHIBUYA CREATIVE TECH(SCT)実行委員会が主催、渋谷区が共催のイベントだ。

Web3メディアに携わってきた3人が来年のトレンド大予想!「EXODUS」公開収録 & Centrum 大忘年会 12/23 開催

「あたらしい経済」編集長の設楽悠介と、元コインテレグラフジャパン編集長で、現在 dYdX Foundation Japan Lead を務める大木悠氏の人気ポッドキャスト番組「EXODUS」。この番組の公開収録イベントが、 12/23(土)夜に渋谷  Centrum で開催される。

[締切間近] 熊本県主催「NFT×球磨焼酎」イベントがリアルとメタバース開催!リアル会場では試飲会も(12/13 18:30-)

熊本県のDX公募型実証事業の一つ「NFT・メタバースを活用した球磨焼酎のブランド力向上」の取組みの一環として、案内人が語る球磨焼酎の魅力紹介や、web3や地方創生の先駆者によるトークセッション、さらには様々な球磨焼酎の試飲もできるイベントが12月13日に開催される。熊本県主催で、イベント企画・運営をみずほ銀行が実施するイベントだ。

日本のWeb3の未来を一緒に盛り上げたい。Web3ウォレット開発の「Blocto」が日本参入で目指すこと(郭巧童 / カク・ナオカ)

Bloctoは、今年日本支社を立ち上げた。今回「あたらしい経済」ではBlocto日本事業開発責任者である郭巧童(カク・ナオカ)氏を取材。郭氏に、日本の市場をどう捉えているのか、そして今後どのようなサービスを展開していくのか、ウォレットのアップデートなどの最新情報も含めて、語っていただいた。

Sponsored