フォビグループ、ニュージーランドで金融ライセンス取得

フォビグループがニュージーランドで金融ライセンス

グローバルに暗号資産(仮想通貨)取引所を展開するフォビグループ(Huobi Group)が、ニュージーランドで金融サービスプロバイダー登録(Financial Service Providers Register:FSPR)が完了したことが6月17日分かった。

FSPR完了によりフォビグループは、ニュージーランドランド金融規制当局の規制の下、暗号資産OTC取引サービスや外国通貨取引所、価値移転サービスを運営できるようになるとのことだ。

またフォビグループは同日、中東ドバイでDIFCイノベーションライセンスを取得したことも併せて発表している。

DIFC(ドバイ国際金融センター)は、アラブ首長国連邦ドバイの臨海部にある金融特区で、中東・アフリカ・南アジア(MEASA:Middle East・Africa・South Asia )地域を代表するグローバル金融センターだ。DIFCイノベーションライセンスの取得により、テクノロジーエコシステムへのアクセスやテクノロジーの研究開発支援、精勤優遇措置などが受けられるとのことだ。

直近のフォビグループの動向として、先月5月にフォビグループはラテンアメリカでの事業拡大を目的に同国で初めて設立された暗号資産取引所、ビテックス(Bitex)を買収している。この買収によりフォビは、ビテックスの交換業務を自社のプラットフォームと統合するとのことだ。

また一方でフォビ・タイランド(Huabi Thailand)は、タイ証券取引委員会(SEC)の決定により、7月1日に事業を完全停止することが決まっている。

関連ニュース

フォビグローバル、タイ部門を7月で事業停止へ

フォビグローバル、web3投資部門「IvyBlocks」立ち上げ

フォビグローバル、ラテンアメリカの暗号資産取引所Bitex買収

ニュージーランド年金基金が昨年ビットコインへ約19億円投資していたことが明らかに

ニュージーランドのTechmyntがステーブルコイン「$NZDs」の提供開始

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Abscent84・seungyeon-kim

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道