フォビグローバル、タイ部門を7月で事業停止へ

フォビグローバルがタイの取引所サービス停止

大手暗号資産(仮想通貨)取引所フォビグローバル(Huobi Global)のタイ部門であるフォビ・タイランド(Huabi Thailand)が、タイ証券取引委員会(SEC)の決定により、7月1日に事業を完全停止することが分かった。

2020年2月にローンチしたフォビタイランドは、不十分な業務システムなどの問題により、SECから暗号資産取引における規則に違反しているとみなされ、昨年からシステムの修正指示を受けていた。しかし、フォビ・タイランドはSECから要求された基準に従ってシステムを修正できなかったという。

それによりSECの勧告に基づき、フォビ・タイランドは昨年9月上旬よりタイ国内での暗号資産取引業ライセンスが取り消され、順次サービスを停止していた。それ以降全ての顧客に対して資産を引き出すようアナウンスを行っていた。

フォビタイランドにはまだユーザーの資産は残っているようで、閉鎖後の連絡先について案内をしている。

関連ニュース

フォビグローバル、web3投資部門「IvyBlocks」立ち上げ

フォビグローバル、ラテンアメリカの暗号資産取引所Bitex買収

フォビグローバル、中国で暗号資産デリバティブ取引を禁止に

参考:フォビグローバルSEC
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Lidiia-Moor

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】メタプラネットが10億円分のビットコイン追加購入へ、リップル社に対する民事訴訟の一部が棄却など

メタプラネット、10億円分のビットコイン追加購入を予告、トルコ暗号資産取引所「BtcTurk」のハッキング被害、バイナンス捜査協力で盗難資産を一部凍結、カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ、イーサリアムL2「ブラスト」のトークンエアドロ、1週間後に迫る、スイ(SUI)のMysten Labs、分散型ストレージおよびDAプロトコル「Walrus」公開、web3ゲーム特化「ローニンネットワーク」、ポリゴンCDK活用のzkEVMチェーン構築可能に

Sponsored

カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ

米リップル(Ripple)社への民事訴訟において、米カリフォルニア州の連邦判事は、リップル社が連邦証券法に違反したとの申し立てを棄却したが、リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏に対する民事証券訴訟は裁判に進むこととなった

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored