オープンハウス、ビットコインLNの「Diamond Hands」へ協賛

オープンハウスグループがDiamond Handsへ協賛開始

国内不動産関連会社オープンハウスグループが、ビットコインのライトニングネットワーク(Lightning Network)の開発者・ユーザーコミュニティ「Diamond Hands(ダイヤモンドハンズ)」の研究・活動への協賛とサポートを開始したことが6月16日分かった。

ライトニングネットワークは、ビットコインのブロックチェーン上で1秒あたり数百万回の取引を可能にするためのスケーリング技術のこと。オープンな設計で、取引記録をすぐにブロックチェーン上には移動させず「オフチェーン」で管理することで、瞬時で効率的な価値の移転を実現している。

「ダイヤモンドハンズ」は日本最大のライトニングネットワークのユーザーと開発者のコミュニティで、ユーザーや企業向けにビットコインフルノードやライトニングの重要性、始め方などについて情報発信する他、ライトニング関連のオープンソース開発貢献など、より効率的なビットコインペイメントの実現に向け活動している。

オープンハウスグループは今回の協賛により、社内事業での実装を目指した共同研究の他、「事業会社によるフルノードの運営」、「フルノードを利用した高セキュリティなデータ保管や不動産内でのパーソナルクラウドの構築」、「住宅関連のIOTマイクロペイメントでの活用」、「ルーティングに関する情報収集」、「海外企業のライトニングネットワーク実装に関するレポート、業務提携の模索」に取り組んでいくとのことだ。

同社は今後もこのようなブロックチェーンの活用・研究開発と最新の不動産取引・不動産管理・建築技術・生活関連決済と合わせた利用の他、メタバースなどの技術とクロスしたweb3領域の基礎技術の習得や利用を進めていくとのことだ。

関連ニュース

国内初、ビットコインとイーサ担保に個人向け不動産ローン、Fintertech提供

ジタル不動産プラットフォームRoofstock、ソフトバンクやベイン・キャピタルから約280億円調達

クラーケン、ビットコインのライトニングネットワークをサポート

ビットコインのライトニングネットワーク、その重要性は?(ビットバンク「NLoop」開発者 宮本丈)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】ソラナのweb3スマホSaga来年発売、Cegaメインネットローンチなど(音声ニュース)

ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ、【取材】分散型金融Cega、メインネットローンチへ、アミューズ、web3ファンド「KultureFUND」設立、記念NFT販売も、バイナンスとクリスティアーノロナウド提携、NFT展開へ、暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表、米コインベース、ポリゴン(MATIC)とソラナ(SOL)ネットワーク対応へ、USDC送受信可能に、「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携、分散型取引所dYdX、コスモス(ATOM)エコシステムで稼働へ、「クリプタクト」のDeFi取引集約機能にポリゴン(MATIC)追加、「遊んで稼ぐ」ゲームで若者支援、DEA「PlayMining」で「D×P」が、ダイキン、日本IBMと冷媒循環管理のブロックチェーンPF構築に向け実証実験、FTX、USDTがアバランチ、USDCがポリゴンとトロンに対応、スマホ版コインベースウォレット、DeFiやNFT機能追加、メキシコサッカー「グアダラハラ」、「Socios. com」でファントークン発行へ、米コインベース、ビットコイン先物商品提供へ

Sponsored