ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場

ブロックがビットコインのライトニング開発キット公開

米決済企業ブロック(元スクエア)の暗号資産専門部門スパイラル(Spiral)が、ビットコインのライトニングネットワーク開発ツール「Lightning Development Kit(LDK)」を正式公開し、さらにLDKを解説する動画を12月7日に公開した。

この動画ではCEOのジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏のパペット(人形)が登場。スパイラルのチームメンバーとともにドーシー氏のパペットが、ユニークにLDKやビットコインについて紹介している。

ドーシー氏のパペット

動画の前半ではスパイラルのメンバーが、ライトニングネットワークはビットコインのトランザクション処理を早くすることを「accelerant」、加速させるものだ、と説明。「 LDK」は、ライトニングネットワークを活用してサービス開発したいエンジニアの開発能力やスピードを高め、様々なアプリと連携するためのツールとのことだ。

なおブロックはこのLDKの開発には数年取り組んできたようだ。LDKのライブラリは、RustとSwiftのプログラミング言語で利用できるとのこと。

そして動画の後半でドーシー氏のパペットは、「ビットコインがインターネットのネイティブ通貨であり、国際的な準備通貨として位置付けられていくだろう」と説明。「多くの人が様々な種類のウォレットを作成し、ビットコインに関わりを持つ人を増やしていきたい」と語っている。ちなみにドーシー氏のパペットが、実際にスマホでビットコイン決済を行うシーンも描かれている。

ライトニングでビットコイン決済する様子も

そして動画の最後にはスパイラルのメンバーが、ビットコインや「LDK」が現在の経済システムの課題をどのように解決するかについて話すシーンがある。

彼らは「ビットコインを活用すれば、国やビッグテックカンパニーに依存する必要なく経済活動を行える可能性がある。特に新興国では価値の保存と経済活動への積極的な参加方法として台頭ししてくるだろう」と説明している。

動画はこちら

images:Block(Spiral Presents: The Lightning Development Kit)より

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。