国内初、ビットコインとイーサ担保に個人向け不動産ローン、Fintertech提供

国内初、暗号資産担保型不動産ローン

大和証券グループとクレディセゾンの合弁会社Fintertech(フィンターテック)が提供する「デジタルアセット担保ローン」で、個人の不動産購入目的への利用対応が開始したことが5月13日分かった。

同社によると暗号資産を担保とした不動産ローンは日本初になるという。

フィンターテック提供の「デジタルアセット担保ローン」は、暗号資産を担保に法定通貨の融資をするサービスだ。返済期日までは月々の元本返済、利息支払いがどちらも不要となっている。なお同サービスの利点は、保有する暗号資産を売却せずに融資が受けられる点だ。

同サービスは20年4月より事業者向けに提供を開始し、昨年11月より個人向けにサービス展開されている。また当初対応通貨はビットコイン(BTC)のみであったが、今年2月よりイーサリアム(ETH)のサポートも開始した。

発表によると今回対応を開始した「個人の不動産購入目的での借入」については、年収による制限なしで利用可能なサービスになるとのこと。

融資額は200万円以上10万円単位で最大5億円となっており、貸付利率については実質年率 4.0%~8.0%となる。担保対象となる暗号資産はビットコインとイーサリアムでともに担保掛目は50%とのことで保証人は不要となるようだ(担保掛目とは、担保の価格よりも低く評価する際の比率のこと)。

また契約期間は延長ありの1年間で期中の全額返済は可能となっている。返済方式については、元利一括返済方式(返済回数1回)で延長時は利息のみ返済が必要だという。遅延損害金は年率15.0%となる。担保となる暗号資産での弁済も可能とのことだ。

なお融資に際しては、所定の手続きおよび審査があり、購入する不動産の売買契約書の提示が必要となる。

発表によると今回不動産購入目的利用へ対応したのは、海外で暗号資産担保ローンが自宅、セカンドハウス、別荘などの不動産購入に活用され始めており、同様のサービスを求める声が多く寄せられたからとのことだ。

なお今年4月から、MUFG出資の米ブロックチェーン企業であるフィギュアテクノロジーズ(Figure Technologies)が米国で暗号資産担保の住宅ローンサービスを開始している。

このサービスにおいてもビットコインとイーサリアムが対応しているが、最大の融資金額は約24億円(2000万ドル)でローン期間は30年となっている。サービスを利用するためには、融資額と同等のBTCとETHを担保する必要があるという。利息については年間5.99%から6.018%となっており、アメリカの一般的な住宅ローン金利と比べると割高だ。

関連ニュース

【取材】ビットコインで担保ローン、フィンターテックが個人向け「デジタルアセット担保ローン」提供

フィンターテック、デジタルアセット担保ローンの最低融資額を引き下げ

【取材】国内初のイーサリアム(ETH)担保ローンを提供へ、大和証券グループのFintertech

ビットコインやイーサ担保の住宅ローン、米Figure Technologiesが提供へ

米コインベース、ビットコイン担保による現金貸出サービス開始

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Sergey-Khakimullin・artacet・LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/23話題】コロプラ子会社がゲーム内のデジタル宝石に投資するファンド、「FIT21法案」が米下院で可決など

コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内のデジタル宝石に投資する100万ドル規模のファンド組成、SECとCFTCのデジタル資産規制管轄権を明確化する「FIT21法案」が米下院で可決、ウィズダムツリーと21シェアーズ、暗号資産ETPをロンドン証券取引所に上場へ、香港規制当局、ワールドコイン(WLD)に業務停止を指示 プライバシー保護を理由に、ユニスワップがSECの「ウェルズ通知」に対する回答発表、裁判で争う姿勢も、オアシス(OAS)が韓国暗号資産取引所アップビットに上場、国内初、Zaifにスケブコイン(SKEB)上場、CryptoPunksがアーティストとのコラボプログラム開始、芸術家ニーナシャネルアブニーがNFT展開へ

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資