フィンターテック、デジタルアセット担保ローンの最低融資額を引き下げ

フィンターテック、デジタルアセット担保ローンの最低融資額を引き下げ

Fintertech(フィンターテック)株式会社が、同社提供の「デジタルアセット担保ローン」において最低融資額を500万円に引き下げることを8月12日発表した。

大和証券グループ本社とクレディセゾンの合弁会社であるフィンターテックは、2020年3月より「デジタルアセット担保ローン」を最低融資額1,000万円で提供開始していた。同サービスでは法人・個人事業者を対象にビットコインを担保にして資金融資を行う。利用者は自身が保有する暗号資産を売却することなく日本円が調達できるのが特徴だ。

なお同サービスの金利は4.0%~8.0%となっており、最低融資額引き下げを行っても引き続き同じ利率にて提供していくとのことだ。

関連ニュース

大和証券の合弁会社であるFintertech社が「デジタルアセット担保ローン」サービスを開始 

参考:フィンターテック
images:iStocks/LuckyStep48

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事