ビットコインやイーサ担保の住宅ローン、米Figure Technologiesが提供へ

ビットコインやイーサ担保の住宅ローン、米Figure Technologiesが提供へ

フィギュアテクノロジーズ(Figure Technologies)が、4月上旬に暗号資産(仮想通貨)担保の住宅ローンサービスを開始することが3月23日に分かった。同社の創業者でCEOのマイク・カグニー(Mike Cagney)氏がリンクトインへ投稿し明かした。

今回発表された暗号資産担保の住宅ローンサービスで利用可能な暗号資産は、ビットコイン(BTC)とイーサリアムのイーサ(ETH)。最大の融資金額は約24億円(2000万ドル)でローン期間は30年とのこと。このサービスを活用すれば、保有するBTCとETHを売却する必要なく、住宅ローンを組むことができるという。ローンサービスを利用するためには、融資額と同等のBTCとETHを担保する必要がある。

なおこの住宅ローンサービスを利用するユーザー(借り手)は、年間5.99%から6.018%の利息を支払うとのことで、アメリカの一般的な住宅ローン金利と比べると割高となっている。

なおフィギュアテクノロジーズの提携先であるSPAC(特別買収目的会社)のFigure Acquistion Corp. Iは、昨年2月にIPOを行なった。またフィギュアテクノロジーズは独自ブロックチェーン「Provenance」を開発・運用しており、これまでに1億5,000万ドルの住宅ローンを証券化し、米ドルステーブルコイン「USDF」発行に向けて動いていたりする。そして住宅ローン市場に関して、同社は昨年8月に15万人の顧客持つ住宅ローン企業ホームブリッジを吸収合併している。

参考:マイク・カグニー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/MARHARYTA-MARKO・artacet

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored