【取材】国内初のイーサリアム(ETH)担保ローンを提供へ、大和証券グループのFintertech

国内初のETH担保ローンを提供へ、Fintertech

大和証券グループのフィンターテック(Fintertech)が、イーサリアムの暗号資産イーサ(ETH)の担保ローンの提供を開始したことが2月2日に分かった。

フィンターテックは2020年4月より「デジタルアセット担保ローン」サービスを開始していた。これまでこのサービスの対応通貨はビットコインであったが、このたびイーサ(ETH)が追加された。

なお国内においてイーサリアムの担保ローンが提供されるのは初の事例となる。 このサービスの対象は個人投資家だけでなく法人も含まれている。また貸出金利は金額に応じて変わり、年率4〜8%、融資額は個人が200万円から最大5億円、法人が500万円から最大5億円となっている。

そして契約期間は法人・個人ともに1年だ。 今回イーサリアム(ETH)担保ローンを提供するに至った背景は、顧客からの要望が多かったからだという。

ETH担保ローン提供までの過程

「あたらしい経済編集部」はFintertech プロダクトマネージャー 相原一也氏へ取材を行った。

–イーサリアム(ETH)対応に至るまでに、どのようなハードルがあったのでしょうか?

システム・事務の変更、担保掛目設定、マネーロンダリング対策です。複数通貨対応のためのシステム・事務等諸々の変更が必要でした。時間はかかりましたが、この対応によって今後の担保対象追加は比較的やりやすい状況になっています。

担保掛目について、50%は大和証券の証券担保ローンでは海外上場株式と同じ水準です。海外上場株式よりボラが高く、BTCより時価総額、流動性で劣後するETHが50%でよいのか、という論点もありましたが、顧客利便性を優先し、また検証結果も踏まえ50%に決めました。

マネーロンダリング対策について、BTCに比べてETHの方が自由度が高く、その分幅広いマネロン手法が存在するため、最新動向踏まえた様々なパターンを想定してマネロン対策を構築しました。

–またユーザーのニーズは具体的にどれほどありましたか?

BTC以外の通貨に対するご要望としてはやはりETHを望む声が一番多く、既存のお客様からの引き合いも含め数十件の要望が寄せられていました。 ちなみにETH以外では、XRP、ADA、USDCへの対応要望をいただくことが多いです。

images:iStocks/Lidiia-Moor
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ