FTX、BlockFiへ約340億円融資

FTX、BlockFiへ約340億円融資

暗号資産レンディング企業ブロックファイ(BlockFi)が、FTXから2億5000万ドル(約340億円)の融資契約を締結したことが6月21日に分かった。

ブロックファイは、現在の暗号資産市場の低迷含め、規制当局への支払い対応、顧客であるThree Arrows Capital(3AC)のポジション清算などの影響で資金繰りが苦しくなったと考えられる。なお先週ブロックファイは、全従業員の20%をリストラすることも発表していた。

ブロックファイは、FTXからの融資された資金を、同社B/S(バランスシート)の長期的な安定性をもたらすために活用していくとしている。

ブロックファイのCEO兼創設者ザック・プリンス(Zac Prince)氏は次のようにコメントしている。

「本日の発表は、BlockFiが顧客にサービスを提供し、その資金を確実に保護するという約束を強化するものです。この契約合意は、BlockFiとFTXが暗号資産の金融サービスを通じて世界の繁栄を加速させるために、将来の協力とイノベーションの扉を開くものでもあります。これは、暗号資産市場の強さとアクセシビリティに対する私たちの継続的なコミットメントにおける重要な一歩です」

FTXのCEO兼共同創業者サム・バンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried)氏は、次のようにコメントしている。

「BlockFiのチームは、常に慎重なリスク管理と迅速な対応に強い偏りを見せています。顧客資産の保護は彼らの最優先事項であり、これによって彼らは強みのある立場で活動することができます。FTXはデジタル資産エコシステムのリーダーであるBlockFiと提携し、顧客に一流のプロダクトを提供できることをうれしく思います」

参考:BlockFi
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SasinParaksa・artacet

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表

スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収

デジタル資産取引事業会社の英ゾディアマーケッツ(Zodia Markets)が、デジタル資産のリスク管理ツールおよびポートフォリオ分析機能提供のエルウッドテクノロジーズ(Elwood Technologies)のデジタル資産OTC取引事業会社であるエルウッドキャピタルマネジメント(Elwood Capital Management:ECML)の買収合意について7月17日発表した