FTX、BlockFiへ約340億円融資

FTX、BlockFiへ約340億円融資

暗号資産レンディング企業ブロックファイ(BlockFi)が、FTXから2億5000万ドル(約340億円)の融資契約を締結したことが6月21日に分かった。

ブロックファイは、現在の暗号資産市場の低迷含め、規制当局への支払い対応、顧客であるThree Arrows Capital(3AC)のポジション清算などの影響で資金繰りが苦しくなったと考えられる。なお先週ブロックファイは、全従業員の20%をリストラすることも発表していた。

ブロックファイは、FTXからの融資された資金を、同社B/S(バランスシート)の長期的な安定性をもたらすために活用していくとしている。

ブロックファイのCEO兼創設者ザック・プリンス(Zac Prince)氏は次のようにコメントしている。

「本日の発表は、BlockFiが顧客にサービスを提供し、その資金を確実に保護するという約束を強化するものです。この契約合意は、BlockFiとFTXが暗号資産の金融サービスを通じて世界の繁栄を加速させるために、将来の協力とイノベーションの扉を開くものでもあります。これは、暗号資産市場の強さとアクセシビリティに対する私たちの継続的なコミットメントにおける重要な一歩です」

FTXのCEO兼共同創業者サム・バンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried)氏は、次のようにコメントしている。

「BlockFiのチームは、常に慎重なリスク管理と迅速な対応に強い偏りを見せています。顧客資産の保護は彼らの最優先事項であり、これによって彼らは強みのある立場で活動することができます。FTXはデジタル資産エコシステムのリーダーであるBlockFiと提携し、顧客に一流のプロダクトを提供できることをうれしく思います」

参考:BlockFi
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SasinParaksa・artacet

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ