米コインベース、イタリアで暗号資産ライセンス取得

コインベースがイタリアでライセンス取得

米ナスダック上場の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、イタリアで暗号資産サービスプロバイダーとして承認されたことが7月18日分かった。

発表によるとコインベースは、イタリアの暗号資産事業に関する法律「Organismo Agenti e Mediatori(OAM)」のもと、暗号資産サービスプロバイダーとしての登録が完了したとのこと。これによりコインベースはイタリア居住者に対し、暗号資産に関する取引やカストディ(保管)サービスの提供が可能になったとのことだ。

コインベースは現在、ヨーロッパ約40カ国で暗号資産関連のサービスを提供している。コインベースは「ヨーロッパ全体でプレゼンスを強化する過程にある」と述べており、主要な市場において現地の規制に準拠し、ライセンス申請が進行中であることを明かしている。

なお今回コインベースが登録したOAMは、今年5月に暗号資産取引所バイナンス(Binance)が登録しており、すでにバイナンスはイタリアで暗号資産サービスプロバイダーとして承認されている。

関連ニュース

バイナンスがイタリアで認可、欧州2例目

米コインベース、ソラナ(SOL)ステーキング提供開始

米コインベース、ジェミナイUSD(GUSD)とボバネットワーク(BOBA)上場へ

ゴールドマンサックス、コインベース株の投資判断「売り」に=報道

米コインベースでXCN、METIS、MONA、AST、MEDIA上場へ

参考:コインベース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Abscent84・NatanaelGinting

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した