パラグアイ上院、暗号資産規制法案を承認

パラグアイ上院議会で暗号資産規制法案が承認

パラグアイ共和国の上院議会が、同国における暗号資産(仮想通貨)に関する規制法案を承認したことが7月14日分かった。同国マリオ・アブド・ベニテス大統領の承認が得られれば、法案成立となる。

この法案は、暗号資産のマイニング・マーケティング・仲介・交換・譲渡・保管・管理を規制するものだ。昨年12月に上院の承認を得ていたが、今年5月に下院が修正を加え再度上院が審議を行っていた。なお変更点は「主要な法執行機関が工業・商業省(MIC)になること」だという。

またこの法案では「取引所に対し、マネーロンダリング防止機関への事業登録を義務付けること」や「個人・法人のマイニング事業者に産業用電力使用の認可やライセンス申請を義務付けること」も規定されているとのこと。承認を得ずにマイニングや暗号資産サービスを提供した場合、個人・法人問わずに罰則が与えられるとのことだ。

パラグアイでは昨年6月、暗号資産の規制に関する法案推進に向けた動きが報じられていた。その際にパラグアイがエルサルバドルの次にビットコインを法定通貨にする二番目の国となる憶測も報じられていたが、同国の国会議員であるカルロス・レジャラ(Carlos Rejala)氏がそれを否定している。

なおその際にレジャラ氏は「パラグアイ人や外国人が合法的にこれらの(暗号)資産を使用できるように、私たちは規制当局や銀行も法案に参加することを望んでいます。ここ(パラグアイ)も他の国も違法な取引があることを知っているからです。私たちは暗号資産に優しい国になりたいです」と語っていた。

関連ニュース

パラグアイ議員、ビットコイン法定通貨化を否定

ニューヨーク州、暗号資産マイニング禁止法案が上院で可決

パナマ、暗号資産の利用を許可する法案可決

ウクライナ大統領が暗号資産関連法案に署名、市場形成目指す

米ワイオミング州で、米ドルステーブルコイン発行に向けた法案が提出

参考:パラグアイ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Rawpixel・grebeshkovmaxim

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored