FTXグローバル、イーサリアムL2「Optimism(OP)」を先物で取扱開始

FTXがOPを先物で取扱開始

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXで、暗号資産オプティミズム:Optimism(OP)を先物取引で取り扱い開始したことが6月1日分かった。

OPは、DEX(分散型取引所)パーペチュアルプロトコル(Perpetual Protocol)を動かすためのトークン「PERP」との先物ペア取引でサポートされている。

オプティミズムはイーサリアム(Ethereum)のL2ソリューションである「Optimistic Rollup」を開発している企業だ。Plasma Groupメンバーが2019年12月に設立した。その他のレイヤー2ソリューション「Arbitrum」と同様に、ユニスワップ(uniswap)など複数のDeFi(分散型金融)プロトコルで採用されている。なおオプティミズムのガバナンストークンOPのエアドロップは5月31日に開始されている。

なおエアドロップの対象となるユーザーは、オプティミズムを2回以上利用したことのあるユーザー、継続的にオプティミズムを利用しているユーザー、DAO投票者、マルチシグ署名者、Gitcoin寄付者、イーサリアムトランザクションを継続的に実行しているユーザーの6種類となっている。

OPは現在、コインベース(Coinbase)やバイナンス(Binance)、フォビグローバル(Huobi Global)、クーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)、バイビット(Bybit)、OKX、MEXCなどの暗号資産取引所で取り扱われている(6/3 コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

米コインベース、イーサリアムL2「Optimism(OP)」上場へ

イーサリアムL2のOptimism、OPトークンのエアドロップ開始

「FTX Japan」ローンチ、日本市場へ本格参入

FTX USが株式取引ベータ版提供、米ドルステーブルコインUSDCにも対応

ビットコインに決済ネットワークの未来ない、FTX CEO サム発言

参考:FTX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ