国内初、コインチェックで「The Sandbox」のSAND上場へ

コインチェックが暗号資産SAND取り扱い

国内暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック(Coincheck)が、新たに暗号資産ザ・サンドボックス:The Sandbox(SAND:サンド)の取り扱いをすることが分かった。国内においてSANDの上場は初の事例となる。

発表によるとSANDの取り扱い開始は、本日5月24日の午後を予定しているとのこと。対象サービスは「Coincheck(WEB)およびCoincheckアプリにおける送金・受取・購入・売却」の他、「Coincheck貸暗号資産サービス」および「Coincheckつみたて」となる。

コインチェックではSAND上場により、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)※板取引のみ、リスク(LSK)、リップル(XRP)、ネム(XEM)、シンボル(XYM)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、ステラルーメン(XLM)、クアンタム(QTEM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、アイオーエスティー(IOST)、エンジンコイン(ENJ)、オーエムジー(OMG)、パレットトークン(PLT)の18銘柄を取り扱うことになる。なお今月5月17日にはファクトム(FTC)が上場廃止している。

SANDはイーサリアム(Ethereum)ブロックチェーン上に構築されたメタバースゲーム「The Sandbox」のユーティリティトークンだ。ERC20規格のトークンとして発行されている。SANDはゲーム内アイテムの購入に利用できる他、将来的には「The Sandbox」のゲーム運営に参加するガバナンストークンの役割も担うとされている。

国外においては、バイナンス(Binance)、FTX、クラーケングローバル(Kraken)、クーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)など多くの大手取引所で取り扱いがある暗号資産だ。現在のSANDの時価総額は約2,050億円となっている(5/24コインマーケットキャップ調べ)。

なおコインチェックでは「SAND」の取扱いを記念し、「SAND」を合計で5万円以上購入したユーザーから抽選で10名に10万円が当たるキャンペーンを実施するとのことだ。

関連ニュース

コインチェック、ファクトム(FTC)取扱い廃止

【取材】コインチェックが米ナスダックへ上場方針発表、SPACで2022年内に

コインチェックがWeb3スタートアップ支援を開始、アスター(ASTR)のステイクに出資

【速報】フィナンシェとコインチェック、「FiNANCiE」独自トークンIEOに向け契約締結

暗号資産「IOST(アイオーエスティー)」とは? BITPOINT担当者が解説!

参考:コインチェック
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ