コインチェック、ファクトム(FTC)取扱い廃止

コインチェックがFTCの取扱いを廃止

国内暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック(Coincheck)が、暗号資産ファクトム:Factom(FTC)の取扱いを廃止することを4月6日発表した。

発表によるとファクトムの上場廃止は5月17日とのことで、同日14:00で外部への送金も停止となり、5月10日14:00に売買停止となる。また4月7日14:00にはファクトムの受取が停止されるとのことだ。

コインチェックでファクトムを保有するユーザーは販売停止日までに取引所でファクトムを売却するか、送金停止日時までに外部へ送金する必要がある。

なお廃止日以降にコインチェックアカウントにファクトムが保有のままになっている場合には、コインチェックにより日本円に換金のうえ、対象ユーザーのアカウントの日本円残高に反映させるとのことだ。

今回ファクトムの取扱いが廃止されるのは、ファクトムのメインネットアップグレードフォークによるアキュミレイト(Accumulate)への引継ぎが要因となるようだ。アキュミレイトはファクトムの正式後継となるレイヤー2のブロックチェーンだ。

コインチェックではファクトムのアップグレードの為、昨年12月から「販売所におけるFCTの購入・売却」を一時停止していた。

コインチェックはその後の動向をモニタリングしていたが、現時点において国内外の暗号資産取引所間で行うカバー取引を再開できない状態が続いていること、アキュミレイトへのアップデート後の動向が不明確であることの2点からファクトム取扱い廃止となったとのことだ。

なお今回のファクトム(FTC)の上場廃止によりCoincheckの取り扱い銘柄はビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)※板取引のみ、リスク(LSK)、リップル(XRP)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、ステラルーメン(XLM)、クアンタム(QTEM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、アイオーエスティー(IOST)、エンジンコイン(ENJ)、オーエムジー(OMG)、パレットトークン(PLT)の合計16銘柄となる予定だ。

関連ニュース

コインチェックが暗号資産OMGを取扱開始

コインチェック、水原希子とメタバース都市でコラボ

【取材】コインチェックが米ナスダックへ上場方針発表、SPACで2022年内に

【取材】コインチェックが小嶋陽菜「Her lip to」とメタバースでコラボ、「Oasis TOKYO」で展示会など

【取材追記】コインチェックがWeb3スタートアップ支援を開始、アスター(ASTR)のステイクに出資

参考:コインチェック
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道