チリーズ「Socios .com」がモバイルゲームをローンチへ、ファントークン保有者向け

ソシオスドットコムがファントークン保有者向けにゲームをローンチへ

チリーズ(Chiliz)が運営するファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」が、ファントークン保有者向けのモバイルゲームをローンチすることが4月6日分かった。Wave(ウェーブ)とパートナーシップを結び、ローンチするようだ。

Waveはファンエンゲージメントに関するスポーツ関連のモバイルゲーム開発などの事業を行うエンターテインメント会社であり、レッドブルレーシングやマクドナルドなどの企業とも提携している。

今回の提携により、サッカー、バスケットボール、格闘技、およびその他競技ジャンルを含む13種類のモバイルゲームが「Socios.com」プラットフォームに追加されるとのこと。

なおゲームに関する詳細発表は4月中旬を予定しているとのことだ。

「Socios.com」の最高戦略責任者(CSO)であるマックス・ラビノビッチ(Max Rabinovitch)氏は「私たちは、クールで、カジュアルで、楽しく、簡単に遊べるゲームを発表する予定です。これは、これから続いていくエキサイティングなコラボレーションの始まりに過ぎず、今後も成長を続け、Socios.comアプリにさらなるゲーミフィケーション機能が追加されていくでしょう」と述べていた。

「Socios.com」とは

「Socios.com」はチリーズのブロックチェーン技術を活用し、プロスポーツチームがファントークンの発行と販売ができるプラットフォームだ。

チリーズは昨年8月、NBA加盟の7チームと7日間に渡り連続提携する取り組みを行っている。またNBAだけでなく、欧州のプロサッカーリーグのチームとも提携を行いファントークンを発行している。既にチリーズと提携したスポーツ組織は26ヵ国130を超えており、北米ではNHL:ホッケーのチームや総合格闘技団体のPFLとUFCとの提携や、韓国やインドのスポーツチームとの提携など国・ジャンルを問わず展開を進めている。

関連ニュース

チリーズ「Socios .com」、NBA「トレイルブレイザーズ」と提携。残り2チームでNBA全チームに

セリエA「ウディネーゼ・カルチョ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ

チリーズの「Socios. com」がアルゼンチンサッカー協会を提訴、バイナンスとの契約で=報道

スペイン「セビージャFC」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ

仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ

参考:Socios.com
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Molnia

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored