プロダンスチーム「USEN-NEXT I’moon」がFiNANCiEでトークン発行

「USEN-NEXT I’moon」がFiNANCiEでトークンを発行

次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」が、プロダンスリーグ「D.LEAGUE」に参画するプロダンスチーム「USEN-NEXT I’moon」のトークン発行と販売の開始を4月6日発表した。

「USEN-NEXT I’moon」はUSEN-NEXT HOLDINGSが2020年8月に結成したダンスチームで、「D.LEAGUE」の中で唯一のガールズグループ。

今回FiNANCiE上で発行されるトークンは「I’moonトークン」として販売されるという。販売売上は主に「USEN-NEXT I’moon」のメンバーの強化費、運営費、チームおよびダンスの普及活動費などに利用する予定とのこと。

「I’moonトークン」購入者は特典として、チーム運営の一部に携われる投票企画への参加や参加型イベントへの招待、特典抽選への応募などの権利が得られる。投票はトークン保有数に応じて投票数が多くなる仕組みや保有しているトークン数の割合によって抽選特典の当選確率が変動する仕組みとなっている。また一定のトークンを保有しているサポーターには限定の特典も提供されるとのことだ。

現在発表されている投票企画案として、「SNSコンテンツの企画投票」や「LINE公式スタンプの写真・イラスト投票」、「トークン保有者が決める年間MVP投票」などがある。また抽選特典案としては「メンバーサイン入りトレーニングウェア・ユニフォーム進呈 」や「記念コレクション進呈」、「メンバーと一緒にダンスレッスン」などがある。

トークンの初回販売期間は4月6日13時から5月20日23時の予定だ。

なお「I’moonトークン」の販売メニューは全13種類が用意されており、公開されているメニューは5,000ptのものから300,000ptのものまで、それぞれで獲得できるトークンと特典が異なる。

限定6口の300,000ptのメニューでは300,000pt分の「I’moonトークン」付与に加え、「初期サポーター記念コレクション003(チーム楽曲音声付き)」や「投票企画 / 抽選特典への参加」、「D.LEAGUE観戦チケットをプレゼントできる権利(15人分)」などがある。なおFiNANCiEポイント(pt)は、FiNANCiEプラットフォーム上でのみ使用できるポイントのことで1pt=1円で購入できる。

また「I’moonトークン」は FTとして、金融商品取引法上の有価証券ではなく、資金決済法上の暗号資産(仮想通貨)でもないとのことだ。

「あたらしい経済」編集部は今回の取り組みに関して、I’moonのチーフマネージャーである後藤真珠氏より以下のコメントを得た。 『今回のトークン発行は、よりチーム・メンバーを身近に感じてもらえるよう、ファンとチーム運営との一体感を感じられるコミュニティを創出していくことを目的としております。「ダンスへの意識を変え、様々な人に夢を与える」というミッションを成し遂げるべく、トークンホルダーの皆様と楽しみながら取組んでいきたいと思います』

関連ニュース

FiNANCiEってどんなサービス?(月刊フィナンシェ 2022年2月号)

南葛SCが「FiNANCiE」で作るファンコミュニティ(月刊フィナンシェ 2022年3月号)

プロダンスチーム「SEPTENI RAPTURES」がFiNANCiEでクラブトークン発行

九州アジアリーグ「大分B-リングス」がFiNANCiEでクラブトークン発行

プロ野球独立リーグ「ルートインBCリーグ」がFiNANCiEでクラブトークン発行

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored