プロ野球独立リーグ「ルートインBCリーグ」がFiNANCiEでクラブトークン発行

「ルートインBCリーグ」がFiNANCiEでクラブトークン発行

次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」が、8球団が所属するプロ野球独立リーグ「ルートインBCリーグ」のクラブトークン発行と販売の開始を3月30日発表した。なお「FiNANCiE」におけるプロ野球リーグのトークン発行は、「九州アジアプロ野球機構(KAL)」に続き2件目となる。

「ルートインBCリーグ」は、「ふるさとのプロ野球」をコンセプトに掲げ、2007年より公式戦が開幕された甲信越地方2県と関東地方5県、東北地方1県を活動地域とする日本のプロ野球独立リーグだ。

今回FiNANCiE上で発行されるクラブトークンは「BCLトークン」として販売されるという。

「BCLトークン」購入者は特典として、クラブ運営の一部に携われる投票企画への参加や参加型イベントへの招待、特典抽選への応募などの権利が得られる。投票はトークン保有数に応じて投票数が多くなる仕組みや保有しているトークン数の割合によって抽選特典の当選確率が変動する仕組みとなっている。また一定のトークンを保有しているサポーターには限定の特典も提供されるとのことだ。

現在発表されている投票企画案として、「オールスター出場する選手投票」や「オールスター戦用ユニフォーム投票」、「2022年度ルートインBCリーグのキャッチコピー投票」などがある。また抽選特典案としては「リーグ所属選手とのデータ測定イベント(仮称)への招待 」や「FiNANCiEトークンホルダー専用指定席での観戦ご招待」、「アナウンス体験ができる権利」などがある。

トークンの初回販売期間は4月2日12時から5月16日21時の予定だ。

なお「BCLトークン」の販売メニューは全11種類が用意されており、現在一部が公開されている。公開されているメニューは10,000pt、50,000ptのもので、それぞれで獲得できるトークンと特典が異なる。

50,000ptのメニューでは50,000pt分の「BCLトークン」付与に加え、「アシックス測定体験イベント参加権利(小学生以下)」や「投票企画 / 抽選特典への参加」、「初期サポーター記念コレクション」などがある。なおFiNANCiEポイント(pt)は、FiNANCiEプラットフォーム上でのみ使用できるポイントのことで1pt=1円で購入できる。

また「BCLトークン」は FTとして、金融商品取引法上の有価証券ではなく、資金決済法上の暗号資産(仮想通貨)でもないとのことだ。

「あたらしい経済」編集部は今回の取り組みに関して、ルートインBCリーグの代表取締役である村山哲二氏より以下のコメントを得た。

『ルートインBCリーグは、野球人気を地域から復活させるべくリーグとして様々な取り組みを考えております。
この度のトークンを活用した取り組みもその一つとして、ファンや地域の皆様との「絆」をより深め、未来を夢見る子どもたちの育成や地域振興のために、これからも新しい取り組みにチャレンジしてまいります』

関連ニュース

九州アジアリーグ「大分B-リングス」がFiNANCiEでクラブトークン発行

地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行

Bリーグ「レバンガ北海道」がFiNANCiEでクラブトークン発行

南葛SCが「FiNANCiE」で作るファンコミュニティ(月刊フィナンシェ 2022年3月号)

ビーチサッカー「アヴェルダージ熊本BS」、FiNANCiEでクラブトークン発行

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も