【速報】フィナンシェとコインチェック、「FiNANCiE」独自トークンIEOに向け契約締結

独自トークンIEOに向けフィナンシェとコインチェックが契約

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェと、国内暗号資産取引所を運営のコインチェックが、IEO(Initial Exchange Offering)による資金調達に向けた契約を締結したことが11月29日分かった。

IEO(Initial Exchange Offering)とはトークンによる資金調達を暗号資産取引所が支援し、具体的には主体となって発行体のトークンを販売するモデルのこと。コインチェックは今年7月にHashpaletteの発行するパレットトークン(PLT)のIEOを実施しており、今回の契約でのIEOが実施されれば国内で2例目となる。

両社はこの契約のもと2022年夏までに独自トークン「フィナンシェトークン」 のIEOの実現を目指すとしている。「フィナンシェトークン」は、イーサリアムブロックチェーン上で発行されるトークンとのこと。発表には詳細が記載されていないが、おそらくERC-20トークンだと推測できる。

フィナンシェは今回の発表で、独自トークンを発行し、すでに「FiNANCiE」で発行されているコミュニティトークンをより効果的に繋げ、長期的なトークン価値を向上させるためのプラットフォームトークンとして活用するとしている。さらに「FiNANCiE」ユーザーに、エコシステム全体におけるガバナンス参加をし「ユーザー主体の運営」の実現を目指すとのことだ。

なおIEOで資金調達した資金の一部は、「FiNANCiE」及びNFT事業の更なる拡大に充当する予定とのことだ。

「FiNANCiE」は、ブロックチェーン技術を活用し、スポーツチームや個人などがファントークンを発行できるプラットフォームだ。現在は、湘南ベルマーレやアビスパ福岡のプロサッカークラブやTリーグ優勝の卓球プロチーム琉球アスティーダなどのスポーツクラブのトークンなど、100以上の個人、クラブ、プロジェクトのトークン発行・販売、企画・運用を行っている。

海外ではチリーズ「Socios.com」が同様にプロスポーツチームがファントークンの発行と販売ができるプラットフォームとして存在感がある。チリーズは欧州のプロサッカーリーグの多くのチームを中心に提携を行いファントークンを発行している。そして「Socios.com」にはすでにチリーズ:Chiliz(CHZ)というガバナンストークンがあり、暗号資産取引所で流通している。

これまで国内では規制の関係でなかなか今回のようなサービス主体によるプラットフォームトークン、ガナバンストークンの発行の難易度が高い状況があった。その中でIEOは、国内規制に準拠したトークン発行、資金調達の手段だ。 今回IEOが実現すれば、「FiNANCiE」でも「Socios.com」のようなエコシステムの実現が期待でき、注目だ。

デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や電子書籍事業、新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバー。テレビ番組「スポットライト」(RKB)、ラジオ「テンカイズ」(TBS)にレギュラー出演。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「あたらしい経済ニュース」等のポッドキャストも配信。著書に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や電子書籍事業、新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバー。テレビ番組「スポットライト」(RKB)、ラジオ「テンカイズ」(TBS)にレギュラー出演。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「あたらしい経済ニュース」等のポッドキャストも配信。著書に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【2/3話題】マスターカードの元NFT責任者が辞表NFT販売、Optimism初アップグレードが3月提案など(音声ニュース)

マスターカードの元NFT責任者、辞表のNFT販売で支援募る、【取材】NFT・ブロックチェーン活用の教育採用サービス「ONGAESHI」発表=コクヨ、SMTB、慶應FinTEKセンター、TUSIM、IGSら運営、コインベース、トークンを違法に販売したとする訴訟の棄却に勝利、tofuNFTとZife INOが業務提携、二次流通支援へ、米クラーケン、開設1年足らずでアブダビオフィス閉鎖、担当者レイオフも=報道、イーサL2「Optimism(OP)」、初のアップグレード「Bedrock」が3月実施で提案、日本ガイシとリコーの合弁会社が事業開始、ブロックチェーン活用の電力デジタルサービス事業化へ、読売ジャイアンツ、春季キャンプで「ジャビット」NFT無料配布、スタートバーン「FUN FAN NFT」で

Sponsored