F Ventures、web3特化インキュベーションプログラム「223」募集開始

「F Ventures」がweb3特化インキュベーションプログラム

福岡拠点の独立系ベンチャーキャピタル「F Ventures」が、Web3領域の起業家向けのインキュベーションプログラム「223」をローンチしたことが5月24日分かった。

このプログラムでは、4ヶ月間でWeb3領域での挑戦・事業運営に必要な知識のインプットと事業の磨き込みを行い、世界で戦う起業家の輩出することを目指すとのこと。募集期間は5月24日〜6月10日で、10プロジェクト程度を募集するとのこと。応募対象は「これからWeb3領域で挑戦する意欲のあるすべての方」となっている。

具体的にプログラムで採用されたプロジェクトには、Web3関連の特別講座や、メンタリング、月次報告会、投資家を招待するデモデイ、投資検討、オフィス提供などが実施される。

なお「223」のメインサポーターは、同じく国内でweb3特化インキュベーションプログラムやweb3関連事業を展開する「Fracton Ventures」や、シンガポール拠点のアクセラレータ「Next Web Capital」。そしてサポーターには日本円連動ステーブルコインを発行する「JPYC」が名を連ねている。またメンターとして以下の業界のプレイヤー、有識者が参加するとのことだ。

<メンター>
・大塚裕介氏(コインチェック株式会社 執行役員)
・岡部典孝氏(JPYC株式会社 代表取締役)
・岡山佳孝氏(Polygon Japan)
・小澤孝太氏(Cryptogames株式会社 代表取締役)
・大日方裕介氏(Web3 Foundation/Next Web Capital)
・小林清剛氏(Knot Inc Co-Founder/CEO)
・鈴木雄大氏(Fracton Ventures Co-Founder)
・大東樹生氏(Kinomis, Inc Founder/CEO)
・長瀬威志氏(アンダーソン・毛利・友常法律事務所 弁護士/NY州弁護士)
・柳澤賢仁氏(柳澤国際税務会計事務所代表/税理士)

またアマゾンウェブサービス(AWS)と東急不動産がスポンサーになっている。

これまでに「F Ventures」は、P2E、GameFi、NFT、DeFi、L2プロトコル関連のWeb3企業に10社以上投資してきた実績がある。今回のメインサポーターである「Next Web Capital」にも投資している。同社はWeb3の分野のスピード感やカルチャーにとても魅力を感じており、今後も積極的に投資をしていくとのことだ。

Image:iStock Danakia

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored