DMMがNFTの物理3Dプリント版販売へ、第1弾はGenerativemasks

「DMM.make physical NFT ART project」開始

DMM.comが、NFTの物理3Dプリント版を作成し販売するプロジェクト「DMM.make physical NFT ART project」の始動を10月24日発表した。同社の3Dプリント事業で、NFT サービスの開発を行うTART(タルト)と共同で取り組む。

このプロジェクトは、3Dプリントによって造形したNFTアートの販売を通して、アーティスト活動の多様性を提示し、アーティストが持続可能な活動ができる仕組み作りを目指す取り組みとのこと。

プロジェクト第1弾として、描画毎に色が変わる1万点のジェネラティブアート作品「Generativemasks」の3Dプリント版を「DMM.make」特設サイトにて販売するという。なおTARTは「Generativemasks」のNFT発⾏⽀援もしている。

「Generativemasks」は、クリエイティブコーダーの高尾俊介氏が2021年に立ち上げたNFTアートプロジェクト。発売から2時間あまりで1万個を完売し大きな話題となった国内のNFTプロジェクトだ。なおこのプロジェクトの売上はジェネラティブアートに関連する団体や企業に対し寄付され、一般財団法人ジェネラティブ・アート振興財団も設立された。ジェネラティブ・アートの普及活動に資金を活用しているという。

またこの作品は「p5.js」というコードをベースとした作品であり、そのアルゴリズムをベースに3D版も制作されてた。

今回のプロジェクトでは、この3D版「Generativemasks」の3Dプリント版を制作し、「DMM.make」にて販売を開始するという。

発売時期は2023年1月頃、価格は未定で購入通貨はイーサ(ETH)を予定しているとのこと。なお3D版「Generativemasks」保有者のみが、3Dプリント版を購入できるとのことだ。

DMM.comは10月20日、web3事業において第1弾となるブロックチェーンゲームの開発開始を発表している。このブロックチェーンゲームは国内ブロックチェーンゲーム・NFTサービス開発のCryptoGames(クリプトゲームス)が、ブロックチェーンアーキテクチャの設計および開発実装などの開発支援を行い、ブロックチェーンにはゲーム特化の「オアシス(Oasys)」が採用される予定となっている。

関連ニュース

DMMがブロックチェーンゲーム開発開始、Oasys採用で来夏販売へ

【取材】traveryとDMM、国内web3エンジニア増加目指し「東京web3ハッカソン」を開催へ

DMM、日本発ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」へ出資

RTFKT「Clone X」がアバターの3Dファイル配布、クリエイターエコノミー実現へ

【取材】メディアドゥ「FanTop」、NFTの3D/AR展示と二次流通マーケット機能を提供開始

参考:Generativemasks

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【12/6話題】OasysがネクソンやMZ Web3ファンドらから資金調達、Nexoが米国市場撤退へなど(音声ニュース)

ゲーム特化ブロックチェーンOasys、Galaxy Interactive、ネクソン、前澤友作のMZ Web3ファンドらから調達、Thirdverse、中国OKX Venturesと資本業務提携、暗号資産レンディングNexo、規制当局との対話行き詰まり、米国撤退へ、USDCのサークル、SPAC上場計画解消へ、LINEのプロフィールアイコンがNFT対応、正式版が提供開始、コカコーラがFIFAワールドカップ記念NFTを発表、Crypto.com、GMUNKらと、ビットフライヤーにジパングコイン(ZPG)上場へ、米コインベース、「Aavegotchi(GHST)」と「Litentry(LIT)」上場へ、スウェットコイン、SWEAT稼げるNFTゲーム「Sweat Hero」β版ローンチへ、ドラッグ&ドロップでNFT作成可能に、Operaクリプトブラウザが「Alteon LaunchPad」実装へ、バイナンスラボ、DeFi「Ambit Finance」に約6億円投資、クリプタクトのpafin、ウクライナMobilunityと協業で開発コスト7割削減へ、露最大の商業銀行スベルバンクがメタマスク対応へ、独自プラットフォームで

Sponsored