RTFKT「Clone X」がアバターの3Dファイル配布、クリエイターエコノミー実現へ

RTFKTが「Clone X」を3Dファイル化

NFTファッションブランド「RTFKT Studios(アーティファクト・スタジオ)」のメタバースアバタープロジェクト「Clone X(クローンエックス)」が、アバターの3Dファイルを全ホルダーに配布したことが7月5日分かった。

この3Dファイルは、RTFKTのチームが「Clone X」を全て手作業でモデリングし、フル3D化したものとなっている。「Clone X」のホルダーは、3DCG制作ツール「ブレンダー(Blender)」や、ゲームエンジン「アンリアルエンジン(Unreal Engine)」などを使用して、独自コンテンツを制作できるとのことだ。なおこの3Dファイルは、「Clone X」のホルダーだけが利用できる。

「Clone X」は、現代アーティストの村上隆氏がキャラクターデザイナーとして参加し、昨年12月にローンチしたプロジェクト。ローンチ以来、プロジェクトメンバーは「Clone X」IP(知的財産権)の一部商用化や、デジタルコンテンツをホルダーへ提供することに努めてきた。

そして今回の「Clone X」3Dファイル企画は、「Clone X」を保有する世界中のコレクターとクリエイターを繋ぎ、新たな才能やコンテンツ、IP、ブランドを生み出すといったクリエイターエコノミーの実現を目的としているとのこと。

また「Clone X」の3Dファイルを利用してホルダーが制作した独自コンテンツは、完全な商用化が可能だという。

今まで「Clone X」の二次創作における商用化は、一部制限されていたが、商用化に必要な資格要件が満たされていれば、RTFKTから商用化ライセンスが付与されるとのことだ。なお「Clone X」の村上隆モデル(Murakami Drip及びDNA)は商用化ができないとのこと。

RTFKTは2020年にブノワ・パゴット(Benoit Pagotto)、クリス・リー(Chris Le)、スティーブン・ヴァシレフ(Steven Vasilev)氏によって設立され、昨年12月に大手スポーツブランドのナイキ(NIKE)に買収されたブランドだ。

また今年5月には、米ニューヨークで開かれた現代アートギャラリー「ガゴシアン(Gagosian)」にて村上隆氏が個展を開催し、「Clone X」と自身のNFTアートコレクション「Murakami.Flowers(ムラカミ.フラワーズ)」が、実物アートの展示やAR(拡張現実)として表現された。

関連ニュース

NIKE、NFTファッションブランド「RTFKT」買収

村上隆がRTFKTのNFTプロジェクトに参加、キャラクターデザインでコラボ実現

村上隆、中止したNFT作品を来春再リリースへ

暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表

タグホイヤーのスマートウォッチがNFT表示機能、メタマスクにも対応

参考:RTFKT
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Who_I_am・designprojects

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ