タグホイヤーのスマートウォッチがNFT表示機能、メタマスクにも対応

タグホイヤーがNFT表示機能発表

スイスの高級時計ブランドであるタグ・ホイヤー(Tag Heuer)が、NFTアートをスマートウォッチの文字盤に表示する機能を6月15日に発表した。「タグ・ホイヤー コネクテッド キャリバーE4」で、NFT表示機能が利用可能となる。

タグ・ホイヤーは暗号資産(仮想通貨)ハードウェアウォレットのレジャー(Ledger)と提携し、ユーザーがNFTに安全にアクセスし、表示できるようにした。

またこの機能はメタマスクにも対応しており、ユーザーは時計のスクリーンで最適に表示されるように、画像をリサイズできるという。なおこの機能は、App StoreまたはGoogle Play Storeを通じて、スマートウォッチ所有者に無料で提供される。

NFT表示機能はタグ・ホイヤーが開発したウォッチフェイスと呼ばれるレンズを通じて、利用できるようになった。なおこの機能を開発するために、タグ・ホイヤーは、BAYC、CryptoPunks、CLONE X、WoWなどNFTコミュニティの主要メンバーと協議してきたという。

タグ・ホイヤーのCEOであるフレデリック・アルノー(Frederic Arnault)氏は次のようにコメントしている。

「私はNFTの分野に深い関心を持っており、この機能は、アヴァンギャルドで革新的な技術を持つタグ・ホイヤーの伝統に合致しています。私たちの時計は、NFTの所有権を証明する機能により、ユーザーが自分のデジタルアイデンティティを誰にでもアピールできるようにします。タグ・ホイヤーは、今後Web3についてさらに多くの物語を見せていくことでしょう」

弱冠27歳のフレデリック氏は、同氏ツイッターのプロフィールは自身が所有する「BAYC」にしており、過去のツイートからも個人的にNFTを取得し保有していることがわかる。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

タグホイヤーが暗号資産決済対応、「BitPay」で

コービー・ブライアントデザインのウブロ時計とNFTアートとシューズのパッケージ、オークション出品へ

高級時計ウブロ(Hublot)が偽造品対策のためブロックチェーンソリューションを導入

スイスの時計メーカーブライトリング(Breitling)がブロックチェーン利用のデジタル証明書を発行

マンガで解説「NFTとは何?」〜ザ・テクノロジー 2030 より

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored