コービー・ブライアントデザインのウブロ時計とNFTアートとシューズのパッケージ、オークション出品へ

コービー・ブライアントデザインのウブロ時計など、オークション出品へ

NBAレジェンドのコービー・ブライアント(Kobe Bryant)氏がデザインし、サインしたウブロの時計、スニーカー、NFTデジタルアートのパッケージがオークションに出品されることがわかった。そして出品者はこのパッケージを約11億円(1000万ドル)で販売開始する予定だ。

出品されるウブロの時計はブライアント氏が2013年にブランドのアンバサダーとしてデザインした18Kローズゴールドの「ウブロキング・パワー・ブラックマンバ・トゥールビヨン」という限定版だ。ブライアント氏の愛称「Black Mamba(ブラックマンバ)」の名が付けられている。

オークションを主催するラグジュアリーアセットのアドバイザリー会社GDGC エンタープライズ(Enterprises)によると、この時計は250個の限定生産で、ローズゴールドは残り3個とのこと。時計の裏蓋にはブライアントのサインが入っている。

出品されるシューズは、2020年にヘリコプターの墜落事故で、13歳の娘ジャンナと乗客7人全員とともに41歳で亡くなった伝説のNBA選手コービー・ブライアント氏をイメージした紫色の「Nike Zoom 8」のスニーカーだ。

デジタルアートは、ニューヨークのアーティストであるモシェ・ダグラス(Moshé Douglas)氏による時計と靴の写真で、NFT(Non-fungible token:代替不可能なトークン)として販売される予定だ。

GDGCエンタープライズによると、このパッケージは最低でも約11億円(1,000万ドル)の価値があるとのこと。また同社は収益のうち約550万円(5万ドル)を重病を背負う子供を支援するNPO「Greater Los Angeles Make-a-Wish Foundation」に寄付する予定だ。

NPO「Greater Los Angeles Make-a-Wish Foundation」のCEOであるマイク・カルホフ氏は次のように述べている。

「オークションからの収益約550万円を寄付していただくことにより今年はさらに5つの願いを叶えることができるでしょう。これは昨年のパンデミックの影響で、資金調達がいかに困難であったかを考えると非常に重要なことです」

NBAのオールスターとして18回の優勝経験を持つコービー・ブライアント氏は、同NPOを通して子供たちの200件以上の願いを叶えたとされている。

ちなみにオークションは9月20日から24日まで「WISe.Art」のデジタルマーケットプレイスで開催される。

Reporting by Alicia Powell in New York; Editing by Lisa Shumaker
翻訳:竹田匡宏(あたらしい経済)
※この記事は「あたらしい経済」が「Reuters」よりライセンスを受け、翻訳及び一部編集したものです。

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【取材】zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored