TAOTAOがリップル(XRP)を現物取引に追加

TAOTAOがリップル(XRP)を現物取引に追加

国内暗号資産(仮想通貨)取引所「TAOTAO」が、新たに現物取引の銘柄にリップル(XRP)を追加することを発表した。

発表によると9月22日のメンテナンス終了後16時に取り扱い開始の予定となっている。

「TAOTAO」の現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)を取り扱いしていたが、今回リップル(XRP)が追加されることで、同社の現物取引の取り扱いは3銘柄となる。 なお「TAOTAO」では同3銘柄に加え、ライトコイン(LTC)およびビットコインキャッシュ(BCH)を含めた5銘柄がレバレッジ取引にて取り扱われている。

また「TAOTAO」を運営するTaoTao株式会社は、1日に同じく国内で暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するSBI VCトレード株式会社との合併を発表していた。各取引サービスは合併後も継続され、ユーザーはそれぞれ口座持つ会社が提供する取引サービスを継続して利用できるとのことだ。

関連ニュース

SBI VCトレードとTaoTaoが合併、暗号資産取引所サービスはそれぞれ継続

参考:TAOTAO
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。