米SECがVanEckビットコインETF承認再延期、最終回答は11月に

米SECがビットコインETF承認を再延期

米SEC(証券取引委員会)が、米資産運用会社ヴァンエック(VanEck)の申請しているビットコイン上場信託(ETF)の承認可否判断について延期をすることが分かった。

なおヴァンエックへの判断延期は今回で3回目となるが、最終判断の期日は2021年11月14日で、この期日にはSECより最終回答が得られる予定だ。

ヴァンエックが現在申請中のビットコインETF「VanEck Bitcoin Trust」は、昨年12月30日に米国にて初めて申請されたビットコインETFとして話題となった。ヴァンエックはこのETFをシカゴ・オプション取引所(Cboe)が運営するBZX取引所と共同で上場を目指している。

SECが9月8日に発表した通知によると、このETFは申請後に提案が一度取り下げられており、今年3月に書類を修正後再提出されていた。それ以来SECは承認可否の回答を2度延期しており、その際回答延期期日は9月15日となっていた。

なお米国では既に多くの企業がビットコインETFの申請を行っているが、未だ承認は下りていない。

またヴァンエックはSECに米国で初のイーサリアムETFの申請も行っているがこちらもSECからの回答を待っている状況だ。 SECが承認しない要因としては、暗号資産のボラティリティの高さや市場の歴史の浅さなどに対する懸念があげられる。

現在カナダとブラジルでは、既にビットコインETFとイーサリアムETFが承認され取引が行われており(ドバイでもビットコインETFは取引がスタートしている)、カナダにて発行が承認された北米初のビットコインETFである「Purpose Bitcoin ETF(BTCC)」は取引開始後2日で運用資産残高(AUM)が4億2,100万ドル(約422億3,000万円)を到達するなど順調な滑り出しをみせた。このことは投資家が暗号資産に関するETFにおいて好意的であることがうかがえる。

ETFは、証券取引所で株の売買と同じように証券会社を通じて暗号資産の価格に連動した商品の取引が出来る。

米国で暗号資産に関わるETFが承認されれば金融市場と暗号資産市場が大きく関わりを持ち、市場はさらに盛り上がるだろう。SECの11月の回答には注目だ。

関連ニュース

カナダ初のビットコインETFが取引開始から2日で運用資産が4億2,100万ドルに到達

ブラジルとドバイで初のビットコインETFが取引開始

南米初、ブラジルでイーサリアムETFが承認

カナダにて初のイーサリアムETFが3件承認

米国初のイーサリアムETF、SECへ申請

参考:SEC通知書類
デザイン:一本寿和
images:iStocks/gstraub・art12321

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない