ブラジルとドバイで初のビットコインETFが取引開始

ブラジルとドバイでビットコインETFが取引開始

ブラジルおよびドバイにて、初のビットコインの上場投資信託(ETF)の取引が開始された。

ブラジルでは、ブロックチェーン関連企業に投資を行うベンチャーキャピタルQR Capitalが今年3月にブラジル証券取引委員会(CVM)に承認されていたビットコインETF「QBTC11」の取引がブラジルの証券取引所B3にて6月23日より開始した。これにより中南米地域初のビットコインETFの取引が開始されたことになる。

またドバイでは、カナダの資産運用会社である3iQ社のビットコインETF「QBTC」がNasdaq Dubai(ナスダックドバイ)にて取引が6月23日開始した。これにより中東および北アフリカ地域であるMENA(Middle East & North Africa)で初の暗号資産によるETFとなった。

なお「QBTC」はカナダのトロント証券取引所(TSX)にてすでに4月より取引開始をしている商品だ。

関連ニュース

南米初、ビットコインETFがブラジルにて承認

参考:Nasdaq Dubai
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【11/29話題】BlockFiが破産申請、LINEのBITFROMTがサービス終了へなど(音声ニュース)

BlockFiが破産申請、債権者10万人越え。FTX破綻の連鎖で、LINE運営のグローバル取引所「BITFROMT」、サービス終了へ、経営破綻のFTX、従業員への給与支払い再開、米クラーケンが米外国資産管理局と和解、対イラン制裁違反について、フィデリティ、「Fidelity Crypto」でビットコインとイーサ取引サービス提供開始、米コインベースにNFTゲームプラットフォームの「Vulcan Forged PYR(PYR)」上場へ、クリプトドットコムがレストランガイド「La Liste」と提携、web3支援へ、ガイアックス、鳥取県智頭町および静岡県松崎町の「美しい村DAO」サポート開始、NOT A HOTELがメンバーシップNFT第2弾販売へ、「Coincheck NFT(β版)」が先行取扱い、暗号資産と法定通貨の決済インフラXanPool、約57億円調達

Sponsored