ブラジルとドバイで初のビットコインETFが取引開始

ブラジルとドバイでビットコインETFが取引開始

ブラジルおよびドバイにて、初のビットコインの上場投資信託(ETF)の取引が開始された。

ブラジルでは、ブロックチェーン関連企業に投資を行うベンチャーキャピタルQR Capitalが今年3月にブラジル証券取引委員会(CVM)に承認されていたビットコインETF「QBTC11」の取引がブラジルの証券取引所B3にて6月23日より開始した。これにより中南米地域初のビットコインETFの取引が開始されたことになる。

またドバイでは、カナダの資産運用会社である3iQ社のビットコインETF「QBTC」がNasdaq Dubai(ナスダックドバイ)にて取引が6月23日開始した。これにより中東および北アフリカ地域であるMENA(Middle East & North Africa)で初の暗号資産によるETFとなった。

なお「QBTC」はカナダのトロント証券取引所(TSX)にてすでに4月より取引開始をしている商品だ。

関連ニュース

南米初、ビットコインETFがブラジルにて承認

参考:Nasdaq Dubai
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/18話題】テザーゴールド裏付けの米ドルステーブルコインaUSDT、SNPITのSNPTがGate. ioとMEXCに上場へなど

テザー社、金裏付けの米ドルステーブルコイン「aUSDT」発表、オーストラリア証券取引所、VanEckの「ビットコイン現物ETF」取扱へ、Doodlesのアバター作成プラットフォーム「stoodio」、イーサL2「Base」に移行へ、日本発Snap to Earn「SNPIT」のトークン「SNPT」、Gate. ioとMEXCに上場へ、アニモカジャパン、NFTローンチパッド「SORAH」提供開始、バイナンスにZKsync(ZK)上場へ、ユニスワップ、イーサリアムL2「ZKsync」で稼働開始、台湾、暗号資産業界の自主規制団体「台湾暗号資産ビジネス協会」を正式始動、ビットコインL2「スタックス(STX)」、ブロック生成で約9時間の遅延発生、金融庁、無登録運営で「LBank Exchange」に警告、インターネットコンピューターの支援団体「ICP Japan」発足、ローンチイベント6/29開催

Sponsored