DeFiレンディング「Compound V3」、ユーザー保護のためZRX・YFI・BAT・MKRの供給一時停止に

CompoundがZRX・YFI・BAT・MKRの供給一時停止

DeFi(分散型金融)レンディングプラットフォーム「コンパウンド(Compound)」が、同プロトコルのバージョン3において、4つのトークン供給を一時停止することを10月25日発表した。これによりユーザーは対象トークンをプロトコルへ預けて融資を受けることができなくなる。

なお対象となるのはTokens 0x(ZRX)、Yearn Finance(YFI)、Basic Attention Token(BAT)、Maker(MKR)の4銘柄だ。

コンパウンドは24日、流動性の低い資産を貸付担保として使用することを一時停止することを求める「提案131(Proposal 131)」を承認した。この決定は潜在的な市場操作攻撃からユーザーを保護する為の措置となるという。

市場の価格操作による攻撃は今月初め、ソラナ(Solana)ブロックチェーンベースのレンディングプロトコル「マンゴーマーケット(Mango Markets)」が損害を受けている。

「マンゴー」においては、攻撃者が流動性の低いMNGOトークンを買い占め価格を急騰させ、その資産を借り入れ担保として利用することで1億1700万ドル相当のトークンを引き出すという事件が起こった。

今回の「提案131」は、この「マンゴー」の事件を発端に投票が行われたものである。

なお「提案131」については「コンパウンド」のガバナンストークン「COMP」による投票が行われ、554,126COMPが投じられた。そのうちの99.9%が賛成し圧倒的な支持を得て可決に至っている。

「提案131」は決定から2日以内に適用される予定とのことだ。

関連ニュース

DeFiレンディング「Compound」、ETHの借入と担保引き出しがコードバグ修正で一時停止

DeFiレンディング「Compound」、新バージョンリリース

分散型金融コンパウンド、非暗号資産企業・金融機関向けサービス提供の開始

【動画解説】DeFi(分散型金融)レンディングとは?「MakerDAO・Compound」

【実演あり】DeFiレンディングサービスとは?「Compound」を操作しながら解説

参考:提案131
デザイン:一本寿和

images:iStocks/VPanteon

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored