DeFiレンディング「Compound」、新バージョンリリース

Compoundが新バージョンをリリース

DeFi(分散型金融)レンディングプラットフォーム「コンパウンド(Compound)」が、新バージョン「コンパウンドⅢ(Compound III)」のリリースを8月26日発表した。

この新バージョンは「コメット(Comet)」と呼ばれ、ラップドビットコイン(wBTC)やチェーンリンク(Chainlink)、ユニスワップ(Uniswap)、コンパウンドのネイティブトークンを担保に、USDコイン(USDC)を借りられるようにするプロトコルである。

今回発表された新バージョンは、コンパウンドのDAO(分散型自律組織)内で投票によって承認されてリリースされた。前バージョン「コンパウンド(Compound II)」の保有資産の約2%に相当する約1億ドルが「コメット」で担保として供給できる額の上限として限定公開されている。

「コンパウンド」によると、以前のバージョンではユーザーがプールからどんな資産でも借りることができるシステムを利用したモデルであったため、1つの不良債権だけでプロトコルから他の資産を流出させる可能性があるリスクの高いモデルになっていた。しかし「コメット」では、ユーザーごとに担保プールが分かれており、清算時以外他のユーザーによって決して引き出されることがなく、1つの資産がゼロに急落しても、プロトコルの他のユーザーの資産にはリスクがないような設計になっているという。

またプロトコルの価格取得オラクルとしてチェーンリンク(Chainlink)を採用することで、システムのセキュリティとスケーラビリティの強化を図っているとのこと。またガバナンスのスマートコントラクトを簡素化することで、ガバナンスへの参加者が増加することも考えられているという。

コンパウンドは最もフォークされているブロックチェーンプロトコルの1つであり、コンパウンドに利用されているコードに、ほとんど手を加えず丸ごとコピーしたようなプロジェクトも多く存在した。「コメット」では、これに対しても取り締まりを行っており、プロトコルのフォークを作成するためにはコミュニティの承認が必要となる。これはコードが悪用されないようにすることを目的としている。

コンパウンド創業者のロバート・レシュナー(Robert Leshner)氏は、「コンパウンドIIIは、信じられないほどのアップグレードです。最も効果的な借入ツールとなるように設計されています」と自身のツイッターで述べている。

関連ニュース

S&P、暗号資産レンディング「Compound」を「B-」に格付け

ロビンフッドでCompound(COMP) 、Polygon(MATIC)、Solana(SOL)、Shiba Inu(SHIB)上場

コインベース、DiFi利回り提供サービス開始。DAIをCompoundで運用

暗号資産レンディングCelsiusが出金と送金一時停止、CELは急落

暗号資産レンディングは証券か? 米企業ら、利息付き商品への規制明確化を要望

参考:コンパウンド
デザイン:一本寿和
iStocks/dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した